テック アカデミー ジュニア。 テックアカデミーは最悪で就職できない!その悪評が出回る4つの理由

テックアカデミージュニアの料金とおすすめコース【現役SEが激選】

テック アカデミー ジュニア

暇をしている子供に新しいことを始めさせたい• 子供のプログラミングに興味があるので情報が欲しい• 無料で体験できる子供向けプログラミングスクールについて教えて欲しい という方向けに TechAcademyジュニア(テックアカデミージュニア)が提供する「子供向けプログラミング教室」についての特徴と評判をまとめて解説したいと思います。 TechAcademyジュニアでは、全国的な小中高校休校の動きに対応すべく、通常は学校や塾、各種教室でのサービス提供を行う学習システムを一時的に自宅にて学習可能に、また、一部の学習内容を無償で一般のユーザー様に提供を行うことにいたしました。 ちなみに「効率的に稼げるプログラミング副業」について興味がある方は も合わせてご覧ください。 最新情報については をご確認ください。 この記事の目次• TechAcademy(テックアカデミー)ジュニアの特徴 2020年から小学校で、2021年からは中学でも「プログラミング学習の必修」がスタートします! 今後も拡大するIT需要に対して、子供が市場価値の高い人材になれるように、 習い事の1つとしてプログラミング教室が人気です。 イーラーニング研究所のアンケートによると「 2019年に子供にさせたい習い事ランキングでプログラミングが第1位」という結果も出ています。 引用:イーラーニング研究所 また「Youtuber」が人気になったことで「将来はITの仕事をしたい」という子供も増えました。 こうした時代背景から「プログラミング学習を通じ、これからの時代に求められる能力を多くの子供に届けたい」とTechAcademy(テックアカデミー)ジュニアは全国で教室展開をする小学校、中学校、高校生を対象としたプログラミング教室です。 そんな TechAcademy(テックアカデミー)ジュニアの特徴は以下の通りです。 TechAcademy(テックアカデミー)ジュニアのメンター(講師)は現役プロのエンジニア• 子供の興味を引き出し、形にできるカリキュラムを用意• 「考える、創る、エラーが起きる、原因を考える」という論理思考が身に付く• 教材は動画カリキュラムなので直感的に子供も理解できる• 質問はチャットでするので、相手に伝わるコミュニケーション力が身に付く 下記はTechAcademyジュニア(テックアカデミージュニア)の受講時の教室の映像です。  TechAcademy(テックアカデミー)ジュニアは子供の個性を引き出す TechAcademy(テックアカデミー)ジュニアでは子供1人ひとりのペースと理解力に合わせて学習を進めていきます。 当然ながら子どもによっては理解度や学習スピードは異なります。 だからこそ自分にあった学習スタイルが築ける環境を提供することで、子供の学習意欲が高まり、より積極的に取り組む姿勢が生まれ学びが促進されます。 カリキュラムを提供する学習環境は、基本的に動画教材を見て、Webテキスト教材で理解を深め、分からないことは講師やプログラマーのメンターに質問しながら、自主的に学習を進めることができます。 子供たちは課題を自分で見つけて、調べて、分からない場合は講師に質問をして、試行錯誤を続けることで自立心を養います。 TechAcademy(テックアカデミー)ジュニアで子供が身に付くこと TechAcademy(テックアカデミー)ジュニアではカリキュラムを通じて5つの力を伸ばしていきます。 学習力を身に付ける• 質問力を身に付ける• 積極力を身に付ける• 自己表現力を身に付ける• 課題解決力を身に付ける それぞれを簡潔に解説します。 TechAcademy(テックアカデミー)ジュニアで学習力がアップする TechAcademy(テックアカデミー)ジュニアのカリキュラムは常に「子供が自分で考えて学習できる」ようになっています。 学校の授業のように、一方的に教えられるのではなく、自分から「知りたい」と思える興味を引き出す仕組みが教材に散りばめられています。 TechAcademy(テックアカデミー)ジュニアで質問力がアップする プログラミング学習において、分からないことがあれば「すぐに講師やメンターに質問できる」環境も特徴的です。 講師は常に子供たちに対して「質問を通じて、問題解決の大切さ」を伝えてくれます。 自分の頭の中にある「分からないこと」を、相手に正確に伝える処理能力も飛躍的に向上します。 例えば、ご家庭で子供が何か質問をしているけど「何が言いたいのか分からない」という場面は多々あると思いますが、プログラミング学習をすることで、子供は論理的思考が身に付くので、正しく「伝える力」が身につきます。 TechAcademy(テックアカデミー)ジュニアで積極力がアップする 子供たちの成長に一番大切なことが「成功体験」の有無です。 自分で考えて、失敗しながらも、最後に目標を達成できた経験が、子供の自信にどんどん繋がります。 プログラミング学習ではカリキュラムを通じて、子供たちに成功体験を提供します。 成功体験をたくさん持っている子供は、大人になっても「どんどん挑戦できる人間」になります。 例えば、スポーツの場合は相手がいて始めて結果が出る競技になるので、いくら子供が努力を積み上げても「相手に負ける」ということが多々あります。 それでは「成功体験を手にできる子供」は少数になってしまいます。 その点、プログラミング学習は「自分との対話」になるので、自分の努力がそのまま成功体験に繋がる学習環境と言えます。 TechAcademy(テックアカデミー)ジュニアで自己表現力がアップする TechAcademy(テックアカデミー)ジュニアでは子供たちが「作りたいもの」をカリキュラムを通じて作っていきます。 「友達と一緒に楽しめるゲームをつくってみたい」 「お母さんの料理レシピをアプリ化したい」 など、子供たちが自分で考えたアイデアを形にするために、目標から逆算してプログラミング学習を進めます。 最初から興味を持った状態で学習に向かえるので当然ながら「成長速度」は圧倒的に速くなります。 また、自分が作りたいものを形にすることで、自己表現力が身につきます。 TechAcademy(テックアカデミー)ジュニアで課題解決力がアップする プログラミング学習の最大のメリットは「課題解決力が伸びる」ので他教科の学力アップにも繋がることです。 でも紹介していますが、プログラミングは「エラーをどう解決するのか?」といった課題解決を延々と繰り返す作業なので、論理思考が飛躍的に身につきます。 感情だけではプログラミングの問題は解決できません。 必ず論理的、かつ冷静に問題点を見つけて分析し、新しい修正をチャレンジしなければいけません。 こうした一連の問題解決の処理能力は、大人になり社会人になった時に、最も必要とされる能力になります。 TechAcademy(テックアカデミー)ジュニアのカリキュラム TechAcademy(テックアカデミー)ジュニアでは、プログラミング未経験のお子様でも「楽しく興味を持って学べる」コースから「実践的なプログラミングまで」を学べるコースまであります。 プログラミング学習を通じて、「身近な課題にテクノロジーを活用して解決できる力」を育むために「一人ひとりが持つ多様な個性を活かし、伸ばせる学び」を提供しています。 【入門】プログラミングの世界を知ろう「プログラミング入門コース with マインクラフト」 「マインクラフト」を使って、プログラミングの基本を学びます。 キーボードの操作に始まり、コマンドの入力を駆使し、最終的には簡単なダンジョンを作成します。 テキストには動画が適切に配置されているため、学びやすくなっています。 マインクラフトに慣れている方、初めての方どちらにとっても、プログラミングの楽しさを知り、興味関心を持っていただけるコースです。 マインクラフトはヒカキンもプレイしているので子供たちに人気ですね。 【初級向け】プログラミングの楽しさが学べる「はじめてのScratchコース」 TechAcademy(テックアカデミー)ジュニアの初級コースではマサチューセッツ工科大学によって開発されたScratch(スクラッチ)というツールで、ゲームやアニメーションをつくり学ぶことができます。 Scratch(スクラッチ)では難しいコードを書くことなくブロックの組み合わせによるプログラミングのため、プログラミングが始めての子どもでも問題なく勉強できます。 「はじめてのScratchコース」では、ゲームやアニメーションをつくりながら、基本的なScratchの使い方を楽しく覚えていきます。 子どもたちはScratchのノウハウを学ぶ事で、ゆくゆくは世界にひとつだけの作品をつくっていけるようになっていきます。 【中級向け】プログラミング的思考が学べる「Scratchマスターコース」 「はじめてのScratchコース」からのステップアップコースとして、より高度なゲームやアニメーション、アプリケーションをつくりながらプログラミングを学びます。 Scratchを通じて、より実践的なプログラミングやアルゴリズムを学びたい子ども向けのカリキュラムになっています。 「Scratchマスターコース」を学ぶ過程で、「分析し理解する力」、「順序立てて考える力」が身につきます。 さらに、受講を終える頃には、ものづくりの考え方が自然と頭の中でイメージできるようになっています。 【上級向け】実践的なWebサービス開発が学べる「Webアプリコース」 上級向けの「Webアプリコース」では日本人エンジニアが開発したプログラミング言語「Ruby(ルビー)」を学習することができます。 Rubyに関してはで詳しく解説していますが、世界中の多くのWebアプリサービスがRubyで開発されています。 例えば日本のWebサービスだとCookpadや食べログなどはRubyで開発されていますね。 このようなプログラミング言語を「Webアプリコース」では学ぶことができます。 子どもたちは手を動かし、試行錯誤しながら学習を進め、わからない時は、プログラマーのメンターにチャットでサポートを受けることができます。 Webサービス開発を通して、より実践的なスキルを身に付けたい方にオススメです。 【上級向け】実践的なゲーム開発が学べる「ゲームアプリコース」 JavaScript(ジャバスクリプト)という全世界、様々な分野で古くから用いられているプログラミング言語を学習します。 「ゲームアプリコース」を学ぶ過程で、様々なゲーム開発を体験することができます。 ゲームアプリの基礎の文法を習得しながら、シューティングゲームなど様々なゲームアプリを開発することができます。 ゲームは遊ぶものから「自分で開発して遊んでもらうもの」という、サービス提供者の視点も養うことができます。 子供が作ったゲームを、親御さんが楽しみながらプレイすれば、子供にも大きな自信に繋がりますね。 【上級向け】実践的なロボット制御が学べる「Pythonロボティクスコース」 Python(パイソン)という全世界で使用されているロボット開発向けのプログラミング言語を使用します。 近年では大量のデータ処理などにもPythonは活用されています。 「Pythonロボティクスコース」を学ぶ過程で、様々なロボット制御を体験することができます。 TechAcademy(テックアカデミー)ジュニアに通う子供たちが作った作品 「あみだくじアプリをつくろう」 中学3年生が作成 こうやって子供たちの実績を見ても、かなり「レベルの高いアプリ」を開発できるようになっていますね。 TechAcademy(テックアカデミー)ジュニアの申し込み それでは最後に全国の小中高生に対して、自宅にてプログラミング学習を行える TechAcademyジュニアの学習システムの一部を無償で利用できる申し込み方法を解説します。 対象者は全国の小学生〜高校生です。 TechAcademy(テックアカデミー)ジュニアの学習内容 通常、学校や塾、各種教室を通じて提供しているTechAcademyジュニアの一部(Scratch等)を提供予定となります。 TechAcademy(テックアカデミー)ジュニアの提供期間 2020年2月28日(金) 〜 2020年3月末日まで お申し込みを頂いた後、順次案内を進めてまいりますので学習開始までにお時間をいただく可能性がございます。 状況を鑑みて、期間の延長を検討する場合がございます。 期間の延長に関しましては、お申し込み者様へのご案内をもって変えさせていただきます。 TechAcademy(テックアカデミー)ジュニアの申し込みURL 下記の申し込みURLよりご参加ください。 システムの利用に際してPC、タブレット、インターネットに接続する環境を各自でご用意いただく必要がございます。 学習前にTechAcademyの無料体験で雰囲気をつかむ TechAcademyジュニアプログラミング講座を申し込んだら、受講開始までに「テックアカデミーの講座の雰囲気」を理解するために、テックアカデミーの無料体験の参加もオススメです。 これからお子様がどのようなカリキュラムを受講するのか? 不安も多い親御さんは、ぜひ一緒に無料体験に申し込んでみてください。 テックアカデミーの無料体験への 登録は1分で完了します。 登録後はテックアカデミーのカリキュラムが1週間無料で受講できるので、これから始まる「お子様のプログラミング学習」の予習としても最適ですね。 無料登録後に、テックアカデミーからの営業連絡や勧誘は一切ありませんので、まさに無料で体験だけができるお得なキャンペーンですね。 また、この機会にお子様の習い事として人気ナンバー1の「プログラミング教室」について調べたい方も合わせてどうぞ。 合わせて読みたいTechAcademy(テックアカデミー)の関連記事 以下にTechAcademy(テックアカデミー)に関する、読むべき記事のリンクを貼っておきますので、それぞれの目的に合わせてご覧ください。

次の

【テックアカデミー 2ch】悪い評判から発見した意外な事実とは

テック アカデミー ジュニア

パッと読むための見出し• テックアカデミーとテックキャンプの強み・特徴を比較してみた TechAcademy(テックアカデミー)の強みは、 12種類ものコースから選べること。 プログラミング言語だけでなく、デザイン、マネジメントなど、 Web制作周りのさまざまな内容を勉強することができます。 また、 計12コースを、1〜3コース分の料金で、24週間の受講期間中に受け放題という 「ウケ放題コース」があるので、じっくり腰をすえて幅広いスキルを身につけたい人に向いています。 受け放題コースなども、特にはありません。 ただ、 テックキャンプの強みは、非常に短期で勉強できることです。 「最短3ヶ月未満でエンジニア転職ができる」など、短期間でのアプローチに強いこだわりを感じます。 TechAcademy(テックアカデミー)は最短でも4週間、最長だと16週間かけて勉強します。 短期間でプログラミング言語を学びたい人には、テックキャンプはオススメですね。 実践的なプログラミングスキルを学びたい人• Web制作周りの知識をしっかり身につけたい人 に向いています。 私は実際に「Webアプリケーションコース」を4週間受講しましたが、 学習内容の難易度はやや高めだと感じました。 TechAcademy(テックアカデミー)が受講生に求める目標は、「実践的なプログラミングスキルを身につけること」です。 なので、現場のプログラマたちに引けを取らないようにと、かなり力を入れて、詳しく教えてくれるんです。 実際私も、Web制作の基礎(基本的なツールの使い方や、言語の書き方など)に加えて、自分の作りたいサービスに必要なプログラミング知識を学ばせてもらいました。 4週間のプログラミング学習期間を終えて感じたのは、テックキャンプの「Webアプリケーションコース」(1ヶ月間コース)よりも、 TechAcademy(テックアカデミー)の方が、厳しいけれど丁寧に教えてもらえて勉強になったな、ということです。 TechAcademy(テックアカデミー)ではメンターとのメンタリング(相談会)が週に2回あるんですが、 このサービスに興味があるなら、これも調べると面白いよ。 と、言語の書き方のトレンドや学んでおくべき知識を、よく教えてくれるんですよね。 ちなみに、テックキャンプに比べて、 TechAcademy(テックアカデミー)はメンターの年齢層が高めです。 30〜40代がほとんどですね。 一方、テックキャンプは10代後半〜20代半ばが大半です。 TechAcademy(テックアカデミー)では、実際にプログラマとしていろんな現場を経験された方がメンターになってくれるので、 知識の深さ・経験の深さにもとづくアドバイスが、いつも適切で興味深かったです。 ただ、私はじっくり腰をすえてプログラミング言語を勉強したかったのでTechAcademy(テックアカデミー)はぴったりでしたが、「プログラミング言語の基礎だけを学べればいい」という人には、少しうっとおしいかもしれませんね。 次に、テックキャンプに向いている人を、ご紹介しましょう。 テックアカデミーとテックキャンプの料金を比較してみた TechAcademy(テックアカデミー)・テックキャンプは、どちらも1ヶ月コースが標準コースです。 なので、どちらも1ヶ月コースを受講した場合を比較してみました。 テックアカデミー テックキャンプ 料金 社会人 129,000円 148,000円(税別) 学生 89,000円 14,800円(税別) メンタリングの回数 7回 なし チャットサポートの合計時間 15〜23時(8時間) 11時〜23時(12時間) 学習時間の目安(1週間当たり) 40時間 15時間 TechAcademy(テックアカデミー)はすべてオンラインで勉強できるんですが、テックキャンプは教室で勉強するタイプと、オンラインタイプの2種類から選べます。 TechAcademy(テックアカデミー)もテックキャンプも、あまり料金は代わりませんね。 TechAcademy(テックアカデミー)とテックキャンプで大きく違うのは、 メンタリングの回数と学習時間です。 テックキャンプに比べて、TechAcademy(テックアカデミー)は1週間の学習時間の目安が 約3倍あります。 学習量が多いぶん、分からない部分はたくさん出てくるでしょう。 そのために、週に2回のメンタリングがあります。 一方、テックキャンプは学習量が少ないぶん、メンタリングはありません。 TechAcademy(テックアカデミー)が目指しているのは、「実践的なプログラミングスキルの習得」。 テックキャンプが目指しているのは、「プログラミング基礎の習得」です。 学習時間、メンタリング回数に大きく差が出るのは、目指すところが違うからですね。 なので、TechAcademy(テックアカデミー)かテックキャンプのどちらのプログラミングスクールに通おうか悩んだら、 料金ではなく「どれくらい学びたいか」を目安に決めると良いですね。 テックアカデミーとテックキャンプの評価・口コミ体験談 TechAcademy(テックアカデミー)とテックキャンプの評判・口コミ体験談をまとめてみました。 まず、TechAcademy(テックアカデミー)の評判・口コミ体験談は、 テックアカデミーは、「起業したい」「就職・転職に活かしたい 」など、目的意識が明確な人が多い印象ですね。 週に約40時間、月に約160時間をプログラミング学習に割くのは、大変な努力が必要です。 だからこそ、目標のある人が多く集まっていますね。 実際、私も受講したWebアプリケーションコースの他の受講者には、TechAcademy(テックアカデミー)で学んだ言語を使ってサービスをリリースし、コース終了後の受講者コンテストで審査員に資金援助を受けるなど、効果的にテックアカデミーを利用している卒業生が多いです。 アイデアがあれば自分で作れる時代。 こういう人が増えていくと面白いサービスが増えていく。 /独学での挫折を経験!プログラミング未経験の営業マンが受講した理由とは さんから — 中野康雄(A. テックキャンプでは、プログラミングの基礎しか学べません。 しかし、プログラミング学習でもっとも大切なのは、 基礎を中心に、どれだけ自分で自習できるかです。 プログラミングの基礎を学んだことでやる気になり、プログラミング学習がはかどったという声は多く聞きました。 テックキャンプではコンテストなどは開催されていませんが、メンターを通じて人脈を広げ、就職・転職・起業に繋げられている方は多いですね。 「テックキャンプ受講後に、自分一人でサービスを開発できることが分かったので、大学には進学しないことにしました。 学歴も起業家として生きていくならもう必要ないですしね。 ですが、私は実際にどちらのプログラミングスクールにも通ってみて、 TechAcademy(テックアカデミー)の方をおすすめしたいです。 TechAcademy(テックアカデミー)の強みは、 実践的なプログラミングスキルが身につけられることです。 経験豊富なメンターたちが、厳しくもやさしく、丁寧にプログラミングスキルを教えてくれますよ。 もしあなたがプログラミングスクール選びで悩んでいるなら、 12種類ものコースから自分に合ったコースを選べるTechAcademy(テックアカデミー)はおすすめですね。 「ウケ放題」で、いくつかのプログラミング知識を学びながら、自分の学びたいことを探すのも良いです。 TechAcademy(テックアカデミー)の魅力は、豊富なコースと、実践的なプログラミングスキルが身につくことです。 ぜひあなたも、即戦力になれるプログラミングスキルを身につけましょう。

次の

jiikids school テックアカデミー ジュニアの口コミ・評判・料金

テック アカデミー ジュニア

最新情報はにてご確認ください。 TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコースが知りたい人「TechAcademy(テックアカデミー)に通いたいと思っているんだけど、コースが多すぎで何を選べばいいかわからない。 現役のエンジニアに本当におすすめなコースを教えてほしい」 こういった疑問にお答えします! 本記事を書いている私は、プログラミング歴9年ほどの現役システムエンジニア(SE)です。 Java、C 、Pythonなど様々なプログラミング言語を経験してきました。 そんな私はTechAcademy(テックアカデミー)の無料体験も受講済みです。 TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコースが知りたいあなた。 近い将来エンジニアになることを目指しているのではないでしょうか。 新しいことへの挑戦は勇気のいること。 そんな勇気のある一歩を踏み出そうとしているなんて素晴らしいですね。 でも、TechAcademy(テックアカデミー)って、 上記の通り、たくさんのコースがありすぎて、どのコースを受講すればいいのかわかりませんよね。 そこで本記事では、TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコースが知りたいあなた向けに、現役SEの私が、TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコースについて、ご紹介します。 本記事を読めば、あなたがTechAcademy(テックアカデミー)のどのコースを受講すべきかがわかりますよ。 もし、本記事を読まないと、稼げるエンジニアになれるせっかくのチャンスを逃してしまうかもしれません。 最初に結論を言ってしまうと、TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコースは、• Webアプリケーションコース• フロントエンドコース の2つです。 3分ほどで読み終わりますので、最後までどうぞお付き合いください。 【結論】TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコースは2つだけ【稼げる】• TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコースは下記の2つだけです。 それぞれ解説しますね。 Webアプリケーションコースはエンジニアに転職したい人向け Webアプリケーションコースはエンジニアに転職したい人におすすめなコースです。 なぜなら、Webアプリケーションコースはエンジニアになるための一通りのスキルを身に付けることができるからです。 具体的には、下記のスキルを身に付けることができます。 Bootstrapを利用した効率的なレイアウト• Rubyの理解とプログラミングスキル• RubyonRailsの理解とオリジナルWebサービスの構築 実際に現役SEの私が使っている基礎スキルは一通り網羅されています。 上記スキルを身に付ければ、新米エンジニアとして最低限はやっていけるかなと思います。 また、コースの中で、下記の3つのアプリケーションを開発することで、簡単なWebサービスなら一から開発できるようになりますよ。 メッセージボード:メッセージのやりとりが出来る掲示板アプリ• Twitterクローン:Twitterと同じ機能を持たせたクローンサイト• オリジナルサービス:自分のアイデアをカタチにしたWebサービス オリジナルサービスを開発できれば、開発したオリジナルサービスをポートフォリオ(作品)として、エンジニアへの転職活動が可能になります。 私はフリーランスの方々と一緒に仕事をしていますが、全員、年収1,000万越えです(笑) というわけで、エンジニアを目指している人は、Webアプリケーションコースを目指しましょう。 フロントエンドコースは副業で稼ぎたい人向け フロントエンドコースは副業で稼ぎたい人におすすめなコースです。 なぜなら、フロントエンドコースで身に付くスキルを使えば、クラウドソーシングでWebページ制作の案件を受注できるようになるからです。 フロントエンドコースで身に付くスキルは下記の通り。 Bootstrapを利用した効率的なレイアウト• Ajaxを利用したWebAPI連携 動きにある簡単なWebサイトは作れるようになりますよ。 クラウドソーシングで狙うのは、LP(ランディングページ)の案件です。 LP(ランディングページ)とは、どういったものかというと、商品の紹介ページみたいなイメージですね。 具体的には下記のサイトにLP(ランディングページ)のサンプルがたくさんあるので、ご覧いただければ、イメージが付くかと思います。 LP(ランディングページ)がおすすめな理由は、必要なスキルが比較的簡単に習得しやすいので、初心者でも案件を受注しやすいからです。 クラウドソーシングは 「」「」に登録すれば、今すぐにでも自宅で始めることができます。 登録は無料なので、とりあえず登録しておいて、テックアカデミーで勉強しつつ、案件動向を確認しておくと、スムーズに案件を受注できますよ。 なお、どのくらい稼げるかというと、 上記の通り、1案件あたり、2万〜10万といった感じです。 いきなり2万~10万稼げるようになるわけではない すみません。 ここでちょっと悲報です。 当たり前ですが、発注者はなるべく未経験者には発注したくないと思っています。 では、未経験はどうすればいいのかというと、最初は報酬額を1万円程度に減らしたり、友人のツテでWebサイトの制作をやってみたり、工夫する必要があります。 月100万稼いでいるベテランも、最初は1万円くらいの簡単な案件をがんばってやっていたわけですから、あなたも最初はとにかく経験を積むことを目的にがんばりましょう。 【結論】TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコースは2つだけ というわけで、TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコースは下記の2つです。 期間内で4つのアプリケーションのリリースを目指します。 「Webアプリケーションコース」でやることは下記の通り。 メッセージボード:メッセージのやりとりができる掲示板アプリ• Twitterクローン:Twitterと同じ機能を持たせたクローンサイト• モノリスト:楽天APIを活用したアイテムシェアサービス• オリジナルサービス:自分のアイデアをカタチにしたWebサービス 「Webアプリケーションコース」で習得できるスキルは下記の通り。 Bootstrapを利用した効率的なレイアウト• Rubyの理解とプログラミングスキル• Ruby on Railsの理解とオリジナルWebサービスの構築 「Webアプリケーションコース」はエンジニアを目指すプログラミング初心者の人におすすめなコースです。 4つのWebサービスを作成し、オリジナルサービスのリリースを目指します。 「フロントエンドコース」でやることは下記の通り。 アニメーション演出を用いたサイト:jQueryを利用したダイナミックな動きのあるサイト• APIを活用したサイト:Flickr APIから取得した画像を集めたサイト• リアルタイムチャット:Firebaseを利用したリアルタイムチャットサービス• オリジナルサービス:自分のアイデアをカタチにしたWebサービス 「フロントエンドコース」で習得できるスキルは下記の通り。 Bootstrapを利用した効率的なレイアウト• Ajaxを利用したWeb API連携 「フロントエンドコース」はアニメーション演出など動きのあるプログラミングスキルを学ぶことができるので、初心者でもやっていて楽しいと思います。 動きのある画面を作成できるようになるので、クラウドソーシングでちょっとしたお金稼ぎを狙えるレベルになることができますよ。 振り返ると、TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコースは、• 最後に本質的なことをお伝えして終わりたいと思います。 「本当にTechAcademy(テックアカデミー)に通おうかな…どこのスクールがいいかもうちょっと見極めてからにしよう…」 と悩む気持ちはわかりますが、悩んでいる時間がもったいないです。 TechAcademy(テックアカデミー)は無料体験があります。 悩むくらいなら、とりあえず無料体験で自分に合うスクールなのか試してみて、自分に合わないなと思ったらやめればいいのです。 無料なのでリスクはゼロですよね。 悩んでいる暇に、あなたが座ることができたはずのエンジニアの席を取られてしまいますよ。 申し込まずに後悔するより、ダメはもともとで申し込んでみましょう。 (急かすようですいません・・・) 理由は、最近のプログラミングブームにより、どのプログラミングスクールも値上げする可能性があるから。 「TechAcademy(テックアカデミー)」って1年前と比べて、下記の通り、値上げしているんですよね。 TechAcademy(テックアカデミー)Webデザインコース• つまり、今後も値上げの可能性も十分にあるので、なるべく早く申し込んだ方が勝ちということです。

次の