コロナ ウイルス スポーツ ジム。 スポーツジムでインフルエンザにかからない為の予防法、6つのチェックポイント

感染者が同じ「スポーツジム」を利用…各社の新型コロナ対策を調べてみた

コロナ ウイルス スポーツ ジム

スポーツクラブ大手の2020年3月期は軒並み、減収減益に見舞われた。 新型コロナウイルスの感染拡大で3月以降、臨時休業に入ったのに伴い、休会者や退会者が増加し、売上高を落とした。 先行きの業績にも暗雲が漂っている。 コナミスポーツ、60億円の営業赤字に転落 コナミホールディングス(HD)傘下のスポーツ事業(コナミスポーツクラブ)の2020年3月期の部門業績は売上高が7. 1%減の589億円、営業損益が60億円の赤字転落(前期は21億円の黒字)だった。 直営店舗の閉鎖、自然災害・固定資産の減損損失の計上に加え、新型コロナを受けて年度末の3月にスクールの休講や一部店舗の休業を実施したことなどが響いた。 コナミスポーツは直営180店舗のほか、自治体などからの業務受託203施設を運営する業界最大手。 日本テレビホールディングスの子会社で、173店舗(24時間ジム「FASTGYM24」111店舗を含む)を運営するティップネスも大幅に業績が悪化。 最終損益は前期約13億円の黒字から11億5000万円の赤字に転落した。 ティップネスの店舗(都内) 退会者増え、新入会員勧誘もままならず スポーツクラブ各社は3月に入り、感染防止のためスタジオプログラム休止や営業時間短縮などを打ち出したが、これに伴い、休会登録扱いの希望者が続出。 4月初めに緊急事態宣言が出て、全面的な休業に突入したことで、退会の手続きに移行する会員が広がった。 しかも、この時期最も重要な新入会員の勧誘もままならず、まさに八方ふさがりの状態だ。 セントラルスポーツは3月単月の売上高が前年の79. 5%まで落ち込んだ。 野外スクール・ツアーの中止による減収や休会登録者の増加による月会費差額の返還などで、通期の営業・最終利益はいずれも2ケタの減益となった。 ルネサンスは3月の入会者数が前年の半分以下に減った。 退会者も増加し、3月末の在籍会員数は40万4906人と1年前より1. 6%減った。 休会者も大幅に増えたという。 ルネサンスの最終利益は43%強ダウンした。 その要因の一つは新型コロナの感染拡大によるインストラクターなどへの休業補償を特別損失として計上したことだ。 また、同社は取引銀行のコロナ特別ファンドを利用して、4月末に40億円を資金調達した。 ホリデイスポーツを中核にホテル、不動産事業を展開するのが東祥。 東海地区を地盤とするスポーツクラブ事業は全売上高の6割近くを占めるが、部門営業利益は約20%減った。 3月に北海道の7店舗を休業したことなどが響いた。 また、来年3月に予定していた3店舗の新規出店を中止した。 ホリデイスポーツ…休業中の店舗(都内) メガロスを傘下に持つ野村不動産ホールディングスのフィットネス事業の部門売上高は前年度比5. 3減の157億円。 メガロスは主要クラブで唯一、3月初めから全47店舗で一斉休業に踏み切った。 業績予想はできず セントラル、ルネサンスの専業上場2社は2021年3月期の業績予想について算定が困難だとして見送っている。 政府は14日、緊急事態宣言を39県で解除した。 残る8都府県については21日をめどに解除の可否を判断する見通し。 6%減) 38(10. 1%減) 179 ルネサンス 450(2. 2%減) 32(13. 6%減) 98 ティップネス 358(5. 0%減) 8. 4(63. 6%減) 173 ホリデイスポーツ 194(3. 4%減) 41(19. 5%減) 94 メガロス 157(5. 店舗は直営店舗(3月末) 文:M&A Online編集部.

次の

【コロナウィルス】私が働くスポーツジムで行っている対策はこんな感じ

コロナ ウイルス スポーツ ジム

先日、千葉県のスポーツクラブの利用者から3名のコロナウイルス感染者が確認されました。 テレビで大々的に報道されているため、ジムを利用している方はウイルス対策について不安を覚える人も多いのではないでしょうか? 不特定多数の人が通う「スポーツジム」は同じ器具を使ったり、利用者が近い距離で汗をかくなど感染の可能性を注意しなければいけない環境です。 人が集まる場所にできる限り行かないのがベストな対策になりますが、とはいえ体調が万全な方はジムに行ってトレーニングしたいですよね。 本記事は健康状態がいい人がジムを利用する際の新型コロナウイルス対策について、くわしく解説していきます。 本記事は下記の方におすすめです。 混雑時の時間帯を避ける• 除菌シートやアルコールを使用• 手洗いうがいをこまめに行う• スタジオプログラムの参加を避ける 1つずつ、掘り下げていきます。 混雑時の時間帯を避ける 混雑する時間帯の利用は避けるようにしましょう。 ウイルス対策として「人がたくさん集まる場所は控える」「人と濃厚接触を避ける」ことが推奨されています。 ジムが混雑する時間帯は、夕方から夜にかけての時間帯です。 ちなみにぼくが通っているジムの混雑状況は下記になります。 24時間ジムの場合、早朝の時間帯が比較的空いています。 人との接触をできる限り避けるため、ジムが混雑していない時間帯に利用しましょう。 アルコールや除菌シートを利用する ウイルス対策として入口にアルコール消毒液が置いてあるので、入館したらすぐにアルコール消毒しましょう。 消毒用アルコールを利用することがウイルス予防対策につながります。 マシンを使う場合、下記の写真のような除菌シートやアルコールを利用しましょう。 汗ふきタオルの場合 ジムによっては汗ふき用のタオルが用意されています。 汗ふきタオルはマシンに付いた汗をふくためのタオルであり、除菌の効果はありません。 ウイルス対策には消毒用アルコールが効果的なので、もし汗ふきタオルしかなければ一度ジムのスタッフに除菌シートやアルコールがないか確認してみましょう。 手洗いうがいをこまめに行う ジム利用時に手洗いやうがいをこまめにしましょう。 ぼくたちがカンタンにできる最大の予防策は手指の消毒やうがいです。 ジムの洗面所で手を石けんなどでよく洗い、感染予防しましょう。 スタジオレッスンの参加を控える たくさんの人が閉ざされた狭い空間で同時にトレーニングするスタジオレッスンの参加は控えるようにしましょう。 ウイルスの拡大にともない、たくさんの人が集まるイベントはすべて中止になっています。 ジムのスタジオレッスンはイベントほど大人数ではないとはいえ、スタジオは密閉された空間です。 繰り返しになりますが人と濃厚接触を避けることがウイルス感染の予防策になるので、スタジオ系のプログラムは参加を控えましょう。 ちなみにルネサンスではスタジオレッスン後のインストラクターと参加者のハイタッチは禁止になりました。 ジム利用後の新型コロナウイルス対策 ジムから帰宅後もウイルス対策をしましょう。 手洗いうがいをする ジムから自宅に帰るまでにウイルスが手に付着するので、帰宅後すぐに手洗いうがいをしましょう。 栄養バランスが摂れた食事 筋トレなど激しいトレーニングは体に負担をかけます。 トレーニング後は体の免疫力が弱っている状態なので、栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。 健康で力強い体にするためにはトレーニングと同じくらい食事が重要です。 ダイエットのために糖質制限や過度な食事制限をしている方もいますが、バランスの良い食事が摂れていないと体の免疫力はどんどん弱っていきます。 免疫力が弱い状態のままだとウイルスに感染しやすくなるので、ジム後はたんぱく質だけでなく炭水化物やビタミンなどバランスの取れた食事をしましょう。 睡眠をしっかり取る 食事と同じくらい大切なのが睡眠です。 睡眠不足になると翌日に疲れが残っていたり、いつもの調子が出ない経験をした人も多いですよね。 睡眠と健康は相互に関係しています。 ジムに行った日:7~8時間の睡眠• ジムに行かない日:最低6時間の睡眠 ジムに行った日は特に体が弱っているので、普段より多めの睡眠時間を心がけましょう。 サプリメントで免疫力を上げる 食事と睡眠にプラスしてサプリメントで免疫力を上げることも大切です。 サプリメントはちょっとと思う方もいるかもですが、栄養バランスの取れた食事を心がけていてもすべての栄養素をまんべんなく取るのは難しいです。 サプリメントは食事において足りない栄養素を補う役割があります。 プロのアスリートやトレーニングを続けている人は、みなさんサプリメントを飲んで体のケアをしています。 足りない栄養をサプリメントでカバーし、トレーニング後の弱った体をサポートしましょう。 ちなみにぼくがオススメするのはグルタミンです。 ジムで運動したときや疲れがたまった時にグルタミンは大量に消費されるので、グルタミンを飲んでリカバーすることが大切です。 ぼくはグルタミンを飲み始めてから大きな風邪をひくことがなくなりました。 グルタミンを飲んでいる多くの人が同じ効果を実感していて、価格もリーズナブルなので試してみてはいかがでしょうか? ジムを利用する際の注意点 ここからはジムを利用する際の注意点について触れていきます。 体調が悪かったり熱がある場合はジムに行かない 体調不良や熱がある場合は当然ですがジムに行くのを控えましょう。 体を動かしたい気持ちもわかりますが、スポーツジムは不特定多数の人が近い距離で汗をかいたり同じ器具を使ったりするので、ウイルスの感染のリスクが高い環境です。 コナミスポーツやティップネスなど各スポーツジムのHPでは体調がすぐれない時は利用を控えてほしいとアナウンスしています。 自分の健康を大切にするとともに、ジムの利用者が快適に利用できるよう心配りも忘れないようにしましょう。 マスクをしてトレーニングするのはNG 「咳くらいの症状であればトレーニングしてもOK」という記事を見かけることがあります。 その記事ではマスクをしてトレーニングすれば大丈夫と書かれていますが、咳など軽い症状でもジムの利用は控えましょう。 もし仮にマスクしながらジムを利用している人を見かけたら嫌な気分になりますよね。 体を動かしたくなる気持ちも分かりますが、たとえ症状が軽くてもジムの利用はやめましょう。

次の

感染者が同じ「スポーツジム」を利用…各社の新型コロナ対策を調べてみた

コロナ ウイルス スポーツ ジム

さらに医学誌に発表されたデータによると除菌アイテムを使ったとしても、器具に付着した菌を完全には殺菌できないという事も分かっており、感染症のリスクは比較的高いと言わざるを得ません。 複数の利用者によって立て続けに使われるような、 有酸素運動に使うジムマシン ステーショナリーバイクやトレッドミルなど やダンベルなどのフリーウエイトは例え殺菌処置を施したとしても、すぐに他の利用者に利用されるため、殺菌効果が十分に上がらないという状況に置かれるため、特に感染リスクが高いと言われています。 実は、風邪やインフルエンザ、その他の感染症を引き起こすウイルスや菌は布や生地などの柔らかい表面よりもステンレスや鉄、プラスチックなどの 「硬い表面」に長時間付着する事が知られており、菌が付着してから48時間は生き続け、その感染能力をキープすると言われています。 室温や湿度も感染能力に強く影響するのですが、ジム内の環境は菌が生息するのにはかなり適した環境となってしまっているのも更に状況を悪くしています。 感染しないための予防法は? インフルエンザや風邪にかかるぐらいなら、ジムに行かないというのではなく、しっかりと自分で感染予防を行うことで安全にスポーツジムを利用できるよう心がける事が重要です。 殺菌・除菌を行う 殺菌・除菌では十分な効果が上がらないことは既に述べた通りなのですが、こまめな消毒で少しでも感染予防効果が上がるよう心がけましょう。 ジムには必ず、手指用のアルコール消毒剤が用意されていますので、ジムに入室する際には必ず事前に消毒を行いましょう。 また、ジムマシンを使ったあとは必ず汗拭き用のタオルで汗を拭き取ってから、次のマシンに移動するように各ジムで指導がされていると思いますが、汗拭き用のタオルは必ずしも清潔な状態にはなっていないのが現実です。 そんな場合に備えて、必ずアルコール消毒スプレーを使ってしっかりとマシンの消毒を行いましょう。 更には、マシン使用前にも消毒処理を行う事も心がけたいですね。 マシン使用の「前後」に殺菌・除菌を行うことを心がけましょう。 スポンサーリンク タオルを使い分ける マシンを拭くタオルと汗を拭くタオルは必ず別々に分けるようにしましょう。 この二つをごちゃごちゃに行っていると折角、除菌を行っても意味がなくなりますので注意が必要です。 傷口はかならずカバーしておく 切り傷や擦り傷をそのままにしておくと、何かの拍子にジムマシンやフリーウエイトに触れた際に傷口から菌が進入するリスクが高くなってしまいますので、 絆創膏などで必ずカバーするようにしましょう。 ジム利用中に剥がれる場合も考えらますので、ジムに持っていくバッグの中には予備を必ず忍ばせるようにしておけばより安心ですね。 体を洗う ジムにシャワー室が用意されている場合は、汗を流すのと同時に体に付着した菌やウイルスも洗い流してから帰宅するためにも利用するようにしましょう。 ただし、ロッカー室やシャワールームは一番菌が潜んでいる場所である事はしっかりと意識しておく必要があります。 スポンサーリンク アメリカABCニュースが行った検証によると、 感染リスクが最も高い場所がシャワールームで、シャワールームの壁や床に最も多くの菌やウイルスが付着している事が分かっています。 不特定多数が利用し、湿度も非常に高いシャワールームでは当然といえば当然ですね。 そのため、シャワールームに自分のビーチサンダルなどの持込が許されている場合は、素足でシャワーを利用するのではなく、個人用の履き物を持ち込むようにしましょう。 持込が禁止されている場合は、シャワーを浴びた後、靴下を履く前に必ず足裏の殺菌を行うように心がけましょう。 ジム用シューズも除菌を 殺菌・除菌を行うの項目と被る面もありますが、 手指の除菌をしっかり行っていても、シューズの除菌を怠っているケースがあるので要注意。 床に付着した菌やウイルスをシューズを通して自宅に持ち帰らないように、ジムを利用した後は ジム用シューズもしっかりと除菌しておきましょう。 ちなみにスマホ、イヤホン、ミュージックプレイヤー、ドリンクボトルを持ち込む場合はこれらの器具の除菌も行うように。 トレーニングウェアはすぐに洗濯を ジムでトレーニングウェアを洗える場所があるなら積極的に利用するようにしましょう。 洗う場所がない場合は 自宅に帰ってすぐに洗濯するようにしましょう。 すぐに洗濯出来ない状況の場合は衣類用の除菌スプレーを利用して、洗濯前に除菌作業だけでも先に行っておきましょう。 放っておくと汗の臭いの原因菌の増殖までも招いてしまいますので合わせて注意したいポイントですね。 - ,.

次の