ペルシアン 対策。 【よくわかるポケモン解説】ペルシアン編

【ポケモン剣盾】ペルシアンの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ペルシアン 対策

「カウンター」&「ばくれつパンチ」のカイリキー• 「つるのムチ」&「ハードプラント」のフシギバナ• 「うちおとす」&「ストーンエッジ」のバンギラス 基本は1対1対応でぶつけていきます。 私は「たきのぼり」&「ハイドロポンプ」のカイオーガを使ったんですが、カイオーガはハイドロの出がかなり遅く、サイドンで手こずりました。 なので、ハードプラントのフシギバナの方が技の出が早くて安定するかと思います。 1体目のカイリキーでかなりサイドンのHPを削れたので、カイリキー2体編成もアリかもしれません。 これがムチャクチャやっかいです。 なので、• 相手にいかに早くシールドを使わせるか• こちらはいかにシールドを温存するか が鍵になります。 サカキには1体目のペルシアンでシールドを2つ使い切らせます。 スポンサーリンク シールドを使うタイミング こちらのシールドは、 ・ペルシアンのイカサマ で発動します。 ペルシアンには必殺技がどうしても競り負けてしまうので、ここはやむなく使いましょう。 あとは3体目のフリーザーに温存します。 スポンサーリンク サカキの報酬シャドウフリーザーはいつまで?2回目はサンダースorファイヤー? サカキからは シャドウフリーザーがドロップします。 球数はリーダー戦と違い、かなり多めにくれます。 なので、落ち着いて投げれば確実に捕まります。 なので、シャドウフリーザーが欲しい場合は、2019年11月30日までにサカキ戦をクリアしておきましょう。 スポンサーリンク 回復アイテム不足を一発解決! 伝説レイドを連戦したい時、 回復アイテムの不足がかなりネックになります。 回復マラソンすると「キズぐすり」ガンガンなくなります・・・。 レイド報酬に「キズぐすり」が追加されましたが、 今度は「げんきのかけら」が不足・・・。 伝説ポケモンが出てるジムからジムへは、かなり移動しないといけないので、結構時間ギリギリなんですよね。 全力で移動に集中したいところです。 でも回復アイテム回収のために、ポケストップ回さないといけない。 ポケストップいちいち回すのめんどくさい・・・!! この悩みを一発で解決してくれるのが ポケモンGOプラスです。 もっと早く買えばよかったぜ・・・。 くそう。 レイドバトルでポケモンGO出戻り組が増えてるせいか、 在庫あんまりないんですよ~~。 でもレイドには必須アイテムです・・・! マジにおすすめ!.

次の

【ポケモンGO】サカキ対策&倒し方!シャドウフリーザーはいつまで?12月はシャドウサンダー

ペルシアン 対策

技構成は基本的にはDPSが高いものが強いことになりますが、タイプ相性などにより、技構成によって得意とする相手が変わります。 すべてのポケモンとすべての技構成の組み合わせでバトルをシミュレーションした結果から、ペルシアン アローラ なりの最適な技構成と、最も得意とする相手ポケモンを順番に掲載しています 上位10匹。 なお、最適な相手の例にCPの低いポケモンを掲載してもジム戦では実用性がないため、CP上位のポケモンのみに限定しています。 「範囲」は、その技構成がよく効く相手の多さと重要性を示していますが、最適な技構成は相手のポケモンごとに異なるので参考程度にご確認ください。 技構成 最適な相手の例 範囲 [DPS] 100. 0 [19. 16] 2. 6 [17. 74] 2. 6 [18. 14] 2. 2 [16. 83] 2つ目のスペシャルアタックは、相手への範囲を考えて1つ目とは別のタイプの技を選ぶと良いでしょう。 レベル40・個体値15を前提として、すべてのポケモンとすべての技の組み合わせで バトルをシミュレーションした結果から表示しています。 相手の技については、すべての組み合わせを検討した上で相手が優位なものを採用しています。 「おすすめ度」は、 短い時間で倒せることと、 撃破した時の残存HP率の高いことを基準に使いやすさの目安として表示しています。 詳細は、「時間」「残HP」の項目を参照してください。 同じポケモンは上位2通りの技構成だけ表示しています。 なお、相手の技は3回に1度の割合で避けるシミュレーションとなっていますので、例えばすべての技を避けられるのであれば、「時間」が早い 値が小さい ものを選ぶと良いでしょう。 ジム・レイド戦でオススメの対策ポケモン ポケモン 技構成 おすすめ度 [偏差値] 時間 [残HP] 100. 0 [99. 4] 8. 2 [98. 8] 8. 0 [97. 3] 8. 4 [94. 9] 8. 7 [94. 4] 9. 2 [94. 0] 9. 0 [93. 9] 9. 0 [93. 9] 9. 7 [93. 0] 9. 4 [92. 8] 9. 9 [91. 7] 9. 7 [90. 9] 9. 2 [90. 6] 9. 0 [90. 5] 9. 2 [89. 2] 9. 2 [89. 2] 9. 9 [89. 0] 9. 8 [88. 3] 9. 5 [88. 1] 10. 7 [87. 6] 10. 6 [87. 5] 10. 7 [86. 8] 10. 相手のHPを削るスピードは速いものの、相手から受けるダメージも大きいです。

次の

GOロケット団サカキの出すポケモンは?対策は?おとりがいる!?

ペルシアン 対策

通常技 ゲージ技 通常わざで対策ポケモンを変える ペルシアンが使用する通常技は「ひっかく」と「だましうち」の2通り。 タイプ相性でダメージを軽減しないと突破が難しいので、通常技に合わせて1匹目のポケモンを変えて戦うのがおすすめだ。 だましうちなら格闘タイプで対策 ペルシアンの通常技が「だましうち」の場合は、かくとうタイプを使用するのがおすすめ。 また、ペルシアンはノーマルタイプのため、かくとうタイプの技なら 弱点を突くこともできる。 ルカリオなら両方の技に対応 かくとうタイプの中でもルカリオであればノーマル、あく技の両方を軽減できる。 ルカリオを持っている場合は1匹目の対策として使用するのがおすすめだ。 対策ポケモンの例 フォルム おすすめ技 おすすめ! ペルシアンの通常技がひっかくの場合は、ノーマル技のダメージを軽減できるギラティナがおすすめ。 オリジンとアナザーどちらのフォルムでも対策できるが、アナザーフォルムの方が耐久力があるため安定して勝てる。 アナザーは強化なしで勝てることがある アナザーフォルムの場合、天候ブーストがかかっている状態で捕獲していれば強化なしでペルシアンに勝つことができる。 CPは2500前後が目安だ。 5 3000 3 相手のシールドを早く使わせる サカキはシールドが残っている状態の場合、こちらがゲージ技を使うと シールドを必ず使用してくる。 これを利用して、ゲージ量が少ないゲージ技を覚えたポケモンを1体目にして、相手のシールドを全て使わせよう。 有効なポケモン例.

次の