ミミッキュ 対戦考察。 【ポケモン剣盾】ミミッキュの育成論と対策【ソードシールド】

ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ミミッキュ 対戦考察

ドラパミミッキュ+悪が強い理由 現在のポケモン剣盾の環境において、ドラパミミッキュは環境トップメタです。 非常にスペックの高い二匹で、自分も使いますし、相手も使ってきます。 勝つためには、ドラパミミッキュを使いながら、ドラパミミッキュをメタる必要があります。 ドラパルトはダイスチルを絡めることで、対面からミミッキュを処理できます。 ですので、ドラパルトを使っているだけで自然とミミッキュへの対応策はできています。 問題はそのドラパルトをどう狩るか。 ドラパルトは非常に技範囲の広いポケモンで、環境にいる多くのドラパルトが、ドラゴンアロー・シャドーダイブ・大文字or火炎放射を持っています。 残りの一枠で、はがねのつばさだったり、とんぼがえりを採用していることが多いです。 これだけの技範囲を持っている上に、Bダウンの追加効果があるダイホロウで耐久型ポケモンも強引に突破可能。 ダイマックスすれば、対面で殆どのポケモンを狩ることができます。 そんなドラパルトが唯一苦手としているのが、悪タイプ。 悪タイプはゴースト半減なので、ダイホロウによる強引な突破は不可能。 さらに悪タイプからの攻撃は抜群で通ります。 悪タイプには、ふいうちやイカサマ等の優秀な技が多く、耐久に難のある(並程度にはありますが)ドラパルトでは受けきることができません。 悪タイプがドラパルトに対するメタとなっているのです。 つまり、ドラパミミッキュに悪タイプを組み込むことで、相手のドラパミミッキュを上手く抑えながら、こちらのドラパミミッキュを通すことができます。 ただし、悪タイプはタイプ相性上、ミミッキュを苦手としています。 ですので、ドラパルトで上手くミミッキュを処理し、悪タイプでドラパルトを処理。 最後にミミッキュをエースとして通す、というのが一番分かり易い勝ち筋になるかなと思います。 悪タイプの候補 ドラパミミッキュと相性の良い悪タイプを三匹、紹介していきます。 ブラッキー ブラッキーは、ドラパミミッキュに相性の良い筆頭候補です。 イカサマでドラパルトを一撃で落とすことができ、ドラパルトに対して非常に強く出れます。 また、ブラッキーの最大の強みとして、 あくびでの起点作りが挙げられます。 あくびで不利対面を流しながら、上手くドラパルトにイカサマを当てられると一気に戦況を有利に持っていけます。 そして何より、 耐久力が非常に高い。 ドラパミミッキュで対応できない相手に、安心して受け出すことができます。 こういった性能により広範囲に誤魔化しが効き、ドラパミミッキュを上手く補完してくれます。 キリキザン キリキザンは、鋼タイプも持ち合わせ、悪タイプながらミミッキュにも強いのが魅力です。 また、ふいうちという強力な先制技も覚え、 剣舞ふいうちでダイマックスしたドラパルトも落とせます。 四倍弱点である格闘タイプが環境に少ないのもポイント。 更に、特性まけんきにより能力を下げられるとAが上がるため、ダイマックス相手にも強いという特徴があります。 ただし、剣盾ではメインウェポンのはたきおとすが無くなり、ふいうち以外の悪の一致技に悩まされます。 バルジーナ バルジーナはブラッキーと同様の耐久型のタイプです。 最大の特徴は、 すばやさ80族からの挑発。 多くの耐久型に対して、上から挑発を通すことができます。 イカサマも覚えることができ、ドラパルト対策もばっちり! 更に、どくどくの技マシンが廃止された中、自力で覚えることもできます。 特性のはとむね、ぼうじんどちらも強力で、総じて隙のないポケモンと言えます。 バンギラス 言わずと知れた強ポケ。 環境トップのドラパルトに強く、最近評価を上げています。 ただし、特性を活かせる特殊アタッカーが環境に少ないことや、ダイマックス技で天候が簡単に変えられてしまうのは難点。 環境に多くいるミトムに弱いのもネックポイントです(育て方次第)。 それでも、600族という圧倒的種族値の高さ、高い耐久力から非常に有力な悪タイプのポケモンです。 残りの3枠をどうするか ドラパミミッキュ+悪で三枠が埋まったので、残りの三枠をどうするのか考えます。 基本的には悪タイプの時と同様、ドラパミミッキュを補完する形でポケモンを決めていき、環境に多くいるポケモンに有利の取れるポケモンを優遇します。 ナットレイ対策 現段階のドラパミミッキュ+悪では、環境に多くいるナットレイに不安が残ります。 ドラパルトの炎技でしか対策が無いので、他に炎技を撃てるポケモンが求められます。 筆頭候補はヒトム。 型が非常に多く、地震の一貫を切れる事や、ボルチェンによるサイクル回しなどで、パーティーにいると立ち回りが楽になる印象。 ただ、炎技はオバヒをメインで使うことになり、命中不安なのがネック。 控えめ眼鏡C特化ならドラパルトも落とせるので、環境的にも刺さりの良いポケモンです。 他の炎枠の候補としては、ウィンディが挙げられます。 しんそくという強力な先制技に加え、ワイルドボルトでギャラドスを狩れたり、じゃれつくでドラゴンに対して打点を持てるなど、技範囲の広さが魅力。 特性も威嚇と優秀なため、使い勝手の良い炎タイプです。 ミミッキュ対策 悪タイプの枠でキリキザンを採用していない場合、ミミッキュはドラパルトのダイスチルで見ることになります。 ドラパルトは技範囲が広く様々な相手に対面で勝つことができますが、流石にミミッキュ対策がドラパルトのみというのは不安が残ります。 ですので、5枠目にはミミッキュに強いポケモンが欲しい所です。 最大の候補は、 型破りドリュウズ。 ミミッキュに相性が良いのは言わずもがな、環境に多いロトムにも役割が持てます。 バンギラスと組ませることで、砂パ展開も可能です。 持ち物ですが、一般的に広く使われているのは、チョッキ・襷・スカーフの3種。 チョッキはミトムに対して強くなれますが、環境に特殊アタッカーが少ないため汎用性に欠けます。 ミミッキュ・ミトム・ヒトムの三種をみるのが難しいため、個人的にはチョッキは好みではありません。 スカーフなら上に挙げた全てのポケモンの上を取れるため(スカーフミミッキュは環境にいないため除外)、個人的にはスカーフか、行動保障のある襷が好きです。 この辺は好みなので、色々使って試して見て下さい。 耐久タイプでは、新ポケモンのアーマーガアが、ミミッキュに強いポケモンとして挙げられます。 高い耐久面に加え、挑発や蜻蛉といった優秀な技持ち。 ミミッキュのダイホロウも、鉄壁を積むことで追いつくことができ、アイヘでしっかり弱点を突くことができます。 環境に多くいる耐久ポケモンより早いので、挑発も上から撃てます。 個人的なイメージとしては、先に紹介したバルジーナと似たタイプですね。 あちらがドラパルトキラーなのに対し、こちらはミミッキュキラーといった印象です。 また、意外にもミミッキュ対策として頭角を現しているのが、ヨクバリス。 こんな顔して、しっかり厨ポケを狩れる力があります。 専用技のほおばるでBを二段階あげることができ、更に特性ほおぶくろで回復もできます。 これによって、 皮の残ったミミッキュにも対面で勝つことができます。 ノーマルタイプなので、ダイホロウによる突破を許さず、ミミッキュだけでなくドラパルトにもある程度役割を持てます。 種族値も見た目以上にあるので、序盤ノーマルと見くびることなかれ。 かなり可能性を感じるポケモンです。 6枠目 6枠目に関しては、環境や好みに合わせて選択。 現環境では受けループが増加しているらしいので、受けループを崩せるポケモンを採用すると刺さるかもしれません。 私は、色々と器用に立ち回れるギャラドスを選択しました。 優秀な特性威嚇や、挑発を覚えられ、竜舞やダイジェットでエースポケモンとしても運用できます。 パワーウィップも覚えられるようになったので、ミトムに対して打点があるのも高評価。 最近は自信過剰ギャラでダイジェットを使うことで、攻撃しながら竜舞を積めるという型も流行っています。 迷ったら ミトムが安牌かなと思います。 タイプ補完が優秀ですし、型が多く、サイクル適性も高いです。 上手く使えば、パーティの潤滑油になってくれるでしょう。 現状数少ない特殊方面でのアタッカーなので、迷ったらミトムを選ぶといいかなと思います。 あとがき 今回の記事では、ドラパミミッキュ+悪を軸としたパーティー考察をしてみました。 こういったパーティー考察をやるのは初めてだったので、ちゃんとできているか不安ですが、少しでも参考になれば幸いです。 記事を書いていて、今後はもう少し細かい範囲で記事を書いていくのが良いかなと思いました。 今はパーティ単位で書いていますが、並びだったり、ポケモン単体だったり。 その方が文章も短くて見やすいですし、書いている私も負担が少ないため更新が素早くできます。 その辺は今後もやってみて、改良を続けていくのみですね。 今回の記事は以上となります。 読んでくださった皆様、ありがとうございました。

次の

ミミッキュ (みみっきゅ)とは【ピクシブ百科事典】

ミミッキュ 対戦考察

ドラパミミッキュが最強? ドラパルト、ミミッキュの性能が頭一つ抜けています。 多くの動画や記事などを見て分かってはいましたが、実際に自分で使ったり、使われたりするとより実感しますね。 ドラパミミッキュに@1という選出がシンプルに強い。 雑に使っても強いので、初心者の方にも良いんじゃないかと思います。 剣盾から登場したドラパルト。 素早さと攻撃が高い尖った種族値に、豊富な技を併せ持つポケモンです。 専用技のドラゴンアローや、シャドーダイブ、はがねのつばさ、とんぼがえりなどの有用な技が勢ぞろい。 Cも低くなく、大文字を覚えるため役割破壊もできます。 更に、竜の舞も習得できます。 3つある特性も強力で、威嚇を無効化できるクリアボディ、相手の壁やみがわりを無視して攻撃できるすりぬけ、夢特性にのろわれボディも持っています。 欠点としては、耐久がそこまで高くないことですが、ダイマックスでカバーできます。 現在は、ダイマックスで体力を確保し、弱点保険を発動させるのが主流。 総じて、対面性能が高く、パワーのあるポケモンという印象です。 ただ、スペック的には何でもできるポテンシャルを持っているので、いずれ起点づくり型とか出そう。 そして相方のミミッキュ。 ミミッキュは第七世代の頃から暴れていたので、ご存じの方も多いかと思います。 特性ばけのかわによる、問答無用の行動保障。 種族値合計こそ控えめなものの、配分は無駄が無く、豊富な技を持っています。 圧倒的な汎用性の高さがミミッキュの売り。 現在では主にエースとしての運用がされていますね。 第八世代になり若干弱体化は受けましたが、実用には殆ど被害なし。 寧ろ、ダイマックスにより苦手な相手の強引な突破が可能になり、強化されているようにさえ感じます。 この二匹のポケモンのスペックがずば抜けているため、現環境はこの二匹を中心にメタが回っています。 ドラパミミッキュをいかに上手く使うか、ということがこれから求められるでしょう。 ドラパミミッキュのメタ ここまでスペックが高いと、必然的にメタれるポケモンの評価が高くなります。 ドラパミミッキュが暴れ、そのメタが暴れ、メタのメタが暴れ、またドラパミミッキュが暴れる。 そういった環境の循環がポケモンでは起こります。 現在は最初のドラパミミッキュが暴れている段階なので、メタポケモンが非常に優位に立ちまわれます。 ただ、そのメタがなかなか難しい。 どちらのポケモンも型が多く、対策するのが大変です。 ドラパのメタはダイマックスにより本当に大変ですね。 フェアリータイプでも、生半可なポケモンだとダイスチルで突破されてしまいますし。 輝石サニーゴやナットレイもちょっと厳しい。 明確にメタれるのはオーロンゲでしょうが、あまり使いたくないです(好きな方ごめんなさい) *追記 悪タイプがドラパルトに相性が良いようです。 詳しくはこちらの記事で。 一方のミミッキュは、メタがある程度考えられます。 有名なのは型破りドリュウズでしょうか。 そんなミミッキュメタの中で、私が個人的に注目しているのはヨクバリスです。 強力な特性に加え、ノーマルタイプなのでダイホロウによる強引な突破を許しません。 種族値もイメージほど低くはなく、割と無駄のない配分をしています。 極端などんそくによるジャイロボールで打点がかなり高い。 研究すれば結構化けるんじゃないかなと思います。 @1に何を入れるか ドラパミミッキュが強いのは伝わったかと思いますが、ここで考えるべきは@1に何を入れるか。 及び、パーティー単位で何を入れるか。 1の候補としては、受け出しが安定する サニーゴや ドヒドイデ、パワーがあり器用な動きもできる ギャラドス、環境に刺さっている ナットレイなどが使いやすいかなと思います。 個人的にはサニーゴが一番使いやすかったかも。 ドラパに炎技が無かったり、ミミッキュで強引にナットレイを突破したくないなら、ナットレイに強いポケモンを出すのも良さそうです。 パーティー単位なら、補完に優れた ウォッシュロトム、ナットレイに対して強い 火トムや ウインディ、ドラパルトに対して強い オーロンゲなどが良いかなと思います。 ブラッキーなども少し気になっています。 ドラパミミッキュの欠点を強いて挙げるのなら、耐久の低さだと思われます。 ドラパルトは並程度にはありますが、決して高くはありません。 ミミッキュも化けの皮で無理やり出すことはできますが、安定した受けとは言い難い。 そういった耐久面の低さを埋められるパーティーづくりが理想ですね。 ドラパミミッキュを基本選出とし、4匹の 1ポケモンでパーティーを埋めていくというのでも良いと思います。 本当にそれくらいドラパミミッキュが強いので。 あとがき 初心者なので甘い部分も多いとは思いますが、ドラパミミッキュについて書いてみました。 少しでも参考になれば良かったのですが。 書いていてもやはり思いますが、ドラパミミッキュは本当に隙が少ない。 明らかにスペックが他のポケモンより高いように感じます。 一応メタることも可能ですが、メタらなきゃいけないという時点で強さを示しているかと。 ただ、まだ剣盾の対戦環境は始まったばかりですし、私の様にやっと育成が終わってマルチに潜れるという方も多いと思います。 ですので、ドラパミミッキュばかりで嫌になるという気持ちも十分に分かりますが、まだ絶望するには早いかと。 今はまだ、単純なスペックの高いポケモンばかりが注目されていますが、これから研究が進んでいけばどんどん新しいメタが生まれるはずです! ホームの開放もありますからね。 自分の楽しめる範囲でゆったり楽しんでいきましょう。 今回の記事は以上となります。 読んでくださった皆様、ありがとうございました。

次の

【ポケモン剣盾】ミミッキュの育成論と対策【ソードシールド】

ミミッキュ 対戦考察

種族値の低さにも関わらず、専用特性「」によりトップメタに君臨する新鋭。 あらゆる攻撃のダメージを一度だけ無効にするため、それだけでストッパーとしての役割を持つのみならず、攻撃回数の優位性からほとんどの相手を対面処理でき、各種補助技によるサポートも可能と汎用性が高い。 ターン制のゲームである本作において、いわば1ターン分のアドバンテージを内包するミミッキュがどれほど強力であるかは語るに及ばない。 シーズンによって順位に変動はあるが、シーズン2~シーズン3にかけて使用率1位をキープし続けており、などに代わる新たな環境の指標となりつつある。 ばけのかわの恩恵、先制技かげうちの習得もあって対面性能が非常に高く、腐ることがまずない。 ステータス上の火力や覚える技の威力は控えめだが、つるぎのまいの習得と持ち物が自由であることから数値以上の火力を出しやすい。 耐性面においても無効タイプを3つ持つため、ばけのかわを保ったままの繰り出しも狙っていける。 おにびやトリックルーム持ちも存在するが、多くが上記の4技で構成されている。 これらの点から「ゴースト・フェアリー技主体の物理アタッカー」である事は容易に推測できるが、 持ち物はゴーストZ、フェアリーZ、きあいのタスキなど多岐に渡るため判別は困難。 この全てに対応できるポケモンは限られており、持ち物が分からない状況下では非常に受けづらい。 最新世代の考察はにあります。 特性考察 ばけのかわ 攻撃技によるダメージを1回のバトル中に1回だけ無効化する。 挙動としてはみがわり状態に近いが、細かい点で異なる部分も多い。 連続技を受けると、最初の1発のみ防ぎ、残りはダメージを受ける。 どくどくやいたみわけなどの変化技は防げない。 こんらんで自分を攻撃するとばけのかわが剥がれる。 特性を持つ相手には無効(「ばけたすがた」のままダメージを受け、その後別のポケモンで攻撃された場合特性は発動する)。 ばけのかわがある状態では「こうかはばつぐんだ」にならない。 そのためノーダメージじゃくてんほけんコンボはできない。 ばけのかわがある状態でも「こうかはないようだ……」の判定はある。 無効タイプの技(ノーマルタイプなど)を受けても解除されない。 アッキのみ・タラプのみは、ばけのかわがある状態でも対応する攻撃を受けると発動する(ただし連続技はすべて当たったあとに発動)。 トレースされない。 いえき、なかまづくり等で上書きされない。 命中不安だが無効タイプ無し。 命中安定だがノーマルに無効。 ストッパー・対面性能を強化。 きゅうけつ 虫 80 100 HP吸収 一致技と範囲が被りがちで半減も多い。 目的上ウッドハンマーと選択。 命中不安だが火力は確保できる。 変化技 タイプ 命中 解説 つるぎのまい 無 - 攻撃を強化。 抜き性能の向上に。 ビルドアップ 闘 - 攻撃・防御を補強。 対面性能の向上に。 はねる 無 - Zワザ化で攻撃超強化。 でんじは 電 90 サポート用。 速攻ポケモンの機能停止に。 おにび 炎 85 サポート用。 物理アタッカーの弱体化に。 いたみわけ 無 - 削り技兼回復技。 低めのHP・高めの素早さと相性がよい。 のろい 霊 - 削り技兼流し技。 サポート後の退場にも。 みちづれ 霊 - 重火力アタッカーを道連れに。 連発不可。 トリックルーム 超 - サポート用。 ばけのかわで安全に張れる。 ちょうはつ 悪 100 補助技対策。 状態異常技や積み技、相手からのちょうはつ防止に。 みがわり 無 - のろいダメージ稼ぎや、状態異常技読みなどで。 Zワザ考察 Zワザ 元にする技 威力 解説 むげんあんやへのいざない シャドークロー 140 210 A特化で無振りをかげうち込みで確定。 A特化+舞でB特化を確1。 ラブリースターインパクト じゃれつく 175 262 A特化で無振りメガルカリオを高乱1。 A特化+舞でH振りメガガルーラを確1、ひかえめH振りきせきを高乱1。 抜き性能が大幅に上がる。 ブルームシャインエクストラ ウッドハンマー 190 本来引かざるを得ない、、、などへの奇襲。 特に初手でからをやぶるパルシェンと対面した場合、A特化で乱1(37. H振りバンバドロも同じくA特化で乱1(37. Zワザ枠を消費してこれらをどれだけのアドバンテージとして見るかはパーティとの相談。 スパーキングギガボルト かみなり 185 ミミッキュを起点に積んでくる、に対する奇襲。 フェアリー技警戒でメガシンカせずに舞ってくるギャラドスに対して、C73振り以上で確1。 パルシェンも無振りで確1。 タスキで耐えられるとばけのかわを剥がされるが、かげうちで突破可。 10まんボルト 175 Zかみなりと同じだがギャラドスを確1にするにはC77を必要とする。 持ち物考察 きあいのタスキ ばけのかわと合わせて相手の攻撃を2発耐える。 サポート・アタッカーの両方に適性がある。 じゃれつく+じゃれつく+かげうちの合計攻撃指数は、いのちのたまじゃれつく+いのちのたまかげうち以上。 ただし、特殊耐久はFCロトム程度にはあるので攻撃を素耐えしやすいことに加え連続攻撃も呼びやすく、 ばけのかわと違い天候ダメージやステルスロックでも無効になるので、腐る場面も少なくない。 いのちのたま 瞬間火力の増強により対面性能・ストッパー性能の両方を引き上げる。 かげうちによりばけのかわを消費せずに相手を止める性能が高い。 じゃれつくでH183B116ガブリアスが97. 同様にH145B96のがシャドークローで確1となる。 つるぎのまいからの全抜きも期待できるなどのメリットがある。 攻撃技を選んだ瞬間持ち物 (特にタスキではないこと)がバレることが最大のデメリット。 ミミッキュの持ち物としては比較的メジャーなため、耐久調整で対策される事も多い。 フェアリーZ 特性による行動保証と相性がよく、自身より速い相手にはZじゃれつく+かげうち 火力指数50,310 で、 自身より遅い相手にはつるぎのまい+Zじゃれつく 火力指数81,900 で処理を狙える。 ゴーストZと比べ単に単体威力が高く、ノーマルに無効化されない。 また、フェアリー技の確実な命中にもなる。 ミミッキュZが登場してからは、このアイテムの採用率が下がった。 ミミッキュZにない利点は非接触であること。 ゴーストZと比べると威力が高く、無効タイプがない。 ゴーストZ ゴースト技をかげうちワンウェポンにして技スペースを増やしたい場合や、 単にゴースト技の威力を底上げする必要がある場合に採用。 ゴースト変化技ならそちらにも使用できるが、有用なゴースト変化技は限られる。 フェアリーZと比べると威力は劣るが通りが非常によい。 ノーマルZ Zはねるで攻撃3段階上昇。 ストッパーより全抜きを意識した道具。 汎用性は低い。 メンタルハーブ ちょうはつを絶対に受けたくないサポート型に採用する。 ラムのみ 物理アタッカーとして運用する場合は火傷・麻痺・眠りが怖いのでこれらの対策に。 特にばけのかわは状態異常は無効化できないので、ねっとうなどに耐性ができる点は優秀だが、それはからげんきでもよい。 サメハダー等の高速みちづれ使いとの違いは安全に後出しできることに加え、耐久型相手にスカトリできる点。 これらの耐久型を削る手段のどくどくかのろいが欲しい。 スカトリで相手を流しやすいので交代で解除されないどくどく推奨。 主軸での採用が主となる。 ばけのかわを利用して安全に積み、高めの素早さを使って上から叩く。 ばけのかわによる行動保証を活かして起点作りをするサポート型。 基本的には最速安定だが、トリックルーム始動役の場合のみ最遅も視野。 ちょうはつには弱いが、アタッカー型も多いためばけのかわ解除のための攻撃技を誘いやすく、必ずしもちょうはつ持ちを呼ぶとは限らない。 対ミミッキュ• 注意すべき点 専用特性「ばけのかわ」が極めて強力。 ほぼ確実に行動を許してしまう。 非常に広範な攻撃範囲と無効3つの耐性という攻守共に優秀な複合タイプ、かげうちによる縛り、つるぎのまいによる火力補強、その他様々なサポート技を所持。 積みアタッカーのみならず、壁張りやトリックルームによる起点作り、ストッパーなどもこなす。 対策方法 ばけのかわ貫通のかたやぶりや連続技が有効。 ただし、かたやぶりを持つポケモンの大半に一致技が刺さる点には注意。 また、厄介なことにかたやぶりはあくまで貫通するだけで剥がすことはできない。 そのため、ミミッキュがタスキ持ちでこちらのかたやぶり持ちが返り討ちにされた場合、HP1の状態でばけのかわが残ったままになり、倒すのに手間取ることも。 やけどで攻撃力を削ぐ サポート型などもあるが根底は物理アタッカーなので火傷にすれば脅威は激減する。 ばけのかわでもおにびや技の追加効果による火傷は防げず、きあいのタスキ潰しにもなるため効果的。 ねっとうやふんえんなどでばけのかわを剥ぎつつ火傷させられれば儲けもの。 積み技の牽制 火力補強をつるぎのまいに頼っている事が多いので先制ちょうはつも有効。 ただし、初手からZワザを使ってくる可能性もあるため若干危ない賭けである。 先制でばけのかわを剥がす ミミッキュより速いポケモンによる怯み技なら無償でばけのかわを剥がせる。 きもったまやのねこだまし、素早さの高いポケモンのおうじゃのしるし+なげつけるなど。 とんぼがえりやボルトチェンジでばけのかわを剥がしつつ、有利対面を作っていくのもよい。 どくどく+まもる ばけのかわを無視し、ミミッキュより速いポケモンでどくまも戦術を仕掛ける。 まもる貫通のZワザに注意。 かたやぶり・無補正A振りアイアンテールで確1。 素の素早さで勝る。 フェアリー弱点なため、外したりきあいのタスキで耐えられると返り討ち。 かたやぶり・無補正A振りアイアンヘッドで確1。 フェアリー半減、ゴースト等倍。 準速が多いので最速なら上から殴れる。 A特化せいなるほのお@いのちのたまで確1。 フェアリー半減、ゴースト等倍、おにび無効。 ばけのかわやきあいのタスキで耐えられても、火傷による弱体化を狙える。 A特化つららばり@いのちのたまで高乱1。 ばけのかわ解除済みなら確1。 からをやぶる展開済みなら、補正無しでもばけのかわ込みで確1。 特にスカーフ持ちならいかくを入れつつ上からとんぼがえりでばけのかわを剥がして有利対面に繋げる。 相手が交代しても有利対面を作れるのが強み。 メガシンカにより特性がかたやぶりになるため、ばけのかわの上から突破できる。 りゅうのまいを挟む場合はそのターンだけメガシンカしなければじゃれつくで弱点を突かれる心配もない。 仮につるぎのまいをされてもりゅうのまいを積んでいれば上から叩けるし、メガシンカすればかげうちも怖くない。 きもったまの場合メガシンカせずにねこだましで無償でばけのかわを剥がせる。 メガシンカ後でもいわなだれでばけのかわを剥がしてダメージを入れつつ約5割で怯ませられる。 また、ゴースト無効なので相手の持ち物がゴーストZならさらに戦いやすい。 メガシンカすることで後出しからでもミミッキュの攻撃を耐えきることができる。 ロックブラストできあいのタスキやばけのかわも削ることができる。 おにびを受ける危険はあるが、ヘビーボンバーやジャイロボール 相手が素早さに努力値を振っていた場合 でやけど込でも一撃。 同じ理由ででも対処可能。 ギアソーサーでばけのかわを貫通して倒せる。 積み技や耐久力もあるが、技範囲が狭いのでピンポイントの採用になりがち。 覚える技 レベルアップ SM 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 1 ウッドハンマー 120 100 くさ 物理 15 1 はねる - - ノーマル 変化 40 1 ひっかく 40 100 ノーマル 物理 35 1 おどろかす 30 100 ゴースト 物理 15 1 まねっこ - - ノーマル 変化 20 5 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 10 つぶらなひとみ - 100 フェアリー 変化 30 14 かげうち 40 100 ゴースト 物理 30 19 ものまね - 100 ノーマル 変化 10 23 だましうち 60 - あく 物理 20 28 あまえる - 100 フェアリー 変化 20 32 きりさく 70 100 ノーマル 物理 20 37 シャドークロー 70 100 ゴースト 物理 15 41 つめとぎ - - あく 変化 15 46 じゃれつく 90 90 フェアリー 物理 10 50 いたみわけ - - ノーマル 変化 20 技マシン No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技01 ふるいたてる - - ノーマル 変化 30 技06 どくどく - 90 どく 変化 10 技08 ビルドアップ - - かくとう 変化 20 技10 めざめるパワー 60 100 ノーマル 特殊 15 技12 ちょうはつ - 100 あく 変化 20 技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技16 ひかりのかべ - - エスパー 変化 30 技17 まもる - - ノーマル 変化 10 技20 しんぴのまもり - - ノーマル 変化 25 技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20 技24 10まんボルト 90 100 でんき 特殊 15 技25 かみなり 110 70 でんき 特殊 10 技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20 技28 きゅうけつ 80 100 むし 物理 10 技29 サイコキネシス 90 100 エスパー 特殊 10 技30 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15 技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技44 ねむる - - エスパー 変化 10 技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技46 どろぼう 60 100 あく 物理 25 技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技56 なげつける - 100 あく 物理 10 技57 チャージビーム 50 90 でんき 特殊 10 技61 おにび - 85 ほのお 変化 15 技63 さしおさえ - 100 あく 変化 15 技65 シャドークロー 70 100 ゴースト 物理 15 技66 しっぺがえし 50 100 あく 物理 10 技73 でんじは - 90 でんき 変化 20 技75 つるぎのまい - - ノーマル 変化 20 技77 じこあんじ - - ノーマル 変化 10 技81 シザークロス 80 100 むし 物理 15 技83 まとわりつく 20 100 むし 特殊 20 技85 ゆめくい 100 100 エスパー 特殊 15 技87 いばる - 85 ノーマル 変化 15 技88 ねごと - - ノーマル 変化 10 技90 みがわり - - ノーマル 変化 10 技92 トリックルーム - - エスパー 変化 5 技97 あくのはどう 80 100 あく 特殊 15 技99 マジカルシャイン 80 100 フェアリー 特殊 10 技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20 タマゴ技.

次の