キーホルダー金具。 ハンドメイド材料の専門店 poche

【楽天市場】キーホルダー

キーホルダー金具

<目次>• こだわる人のためのキーホルダーのパーツ〜金具の素材〜 壊れにくく、頑丈な金属のパーツ キーホルダーの金属パーツとして、主にアルミやステンレスが使われています。 アルミはとても軽いので、キーホルダーの金具としてはとても適した材料です。 さらに、強度に関しては強くもなく、弱くもないという程度ですが、耐食性(腐敗への耐性)や加工性にとても優れています。 これに対して、ステンレスは錆びにくいというメリットがあります。 ちなみにステンレスとは「 錆びない」という意味で、耐食性や耐久性があり、強度も非常に高いので、アルミ以上にキーホルダーの金属パーツには向いた素材だと言っても過言ではありません。 最もキーホルダーで多用されている金属の素材とは キーホルダーに使用されている金属のパーツをざっと挙げてみると• アルミニウム• ステンレス• ニッケル などがあります。 先ほどはアルミニウムやステンレスには先ほど触れましたが、鉄の特徴としては、硬さや強さに優れているものの、熱に弱く、錆びやすいというデメリットがあるので、キーホルダーのパーツにはそれほど向いているとは言えません。 続いては亜鉛ですが、強度はそれほど強くはないものの、複雑な形状も作りやすいのでパーツの部位によっては多用される場合もあります。 最後はニッケルですが、こちらは加工性、耐食性に富んだうえ、金具としての美しさも兼ね備えているので、キーホルダーのパーツに適した素材だと言えるでしょう。 こだわる人のためのキーホルダーのパーツ〜金具の形状〜 スタンダードな金具の形状 キーホルダーの金具には様々なタイプがあります。 以下で、一般的に採用されている金具の種類を紹介します。 種類 ナスカン リングタイプ ボールチェーン カニカン 特徴 最もオーソドックスなタイプで、付け外しが容易。 付け外しは容易ではないが、紛失の心配が少ない。 強度こそないものの、独特のデザイン性が根強い人気を誇っている。 繊細なデザインのキーホルダーに採用されることが多い。 最もキーホルダーの金具として人気のある形状は、 ナスカンでしょう。 ナスカンと一口に言っても様々なタイプがあるので、キーホルダーにマッチしたお気に入りのナスカンを探してみても良いかもしれません。 一風変わった形状の金具 キーホルダーの金具にも、変わっためずらしい形状の金具があります。 例えば、動物の輪郭を金具で表現したようなデザインのものや、楽器の形状をした金具などがあるので、オリジナルのキーホルダーを制作する際にパーツや細部までこだわりたい時は一風変わった金具をチョイスしてみても良いかもしれません。 また、便利な形状の金具パーツとしては、いくつかのナスカンが連なったタイプなどもあり、キーホルダー以外にも鍵を付けることができるので、アイデア次第では様々な使い方が可能です。 キーホルダーの金具の汚れをきれいに落とす方法 金属用の布について シルバーは、水気が多い場所に行くとどうしても、黒ずんだ汚れが目立ってしまいますが、そのようなときは シルバー磨きクロスで手入れをすれば、簡単に汚れを落とすことができます。 金属の汚れは見た目以上に付着しているので、毎日磨いていると、あっという間にクロスが真っ黒になってしまいます。 真っ黒になってしまったクロスで磨いてしまうと、逆に汚れがシルバーに付着してしまうので、定期的に新しいクロスに交換しましょう。 金属が錆びてしまったら 大切なキーホルダーの金具パーツが錆びてしまったときは、 錆落としの専用クリームを付けて磨くことによって頑固な錆びもきれいに取り除くことができます。 新品の金具のように再生することができるので、大事なキーホルダーの金具が錆びてしまって「もう寿命かな」なんて諦めかけているという方は、錆落としのクリームできれいに錆びを落としてあげてください。 なかには研磨剤で錆びを落とそうとする人がいるようですが、これはNGです。 研磨剤でもある程度は錆びを落とすことも可能ですが、その分傷がついてしまうので、錆びに対してはクリームで対処しましょう。

次の

キーホルダー金具

キーホルダー金具

🇯🇵 🔨 お客様ブランドオリジナルロゴを刻印した、ダブルリングとナスカンのオーダー。 🔨 メタルハウスでは、お客様オリジナルブランド用に、アクセサリーパーツ、ダブルリング、キーホルダーを始め、さまざまな金具を特注で作れます。 HP内では沢山の製作事例もご覧になれます。 お客様が作成したいイメージに簡単なサイズを入れてお見せください。 その他のキーホルダーは:まで その他の靴べらキーホルダーは:まで オリジナルホック、ボタン、カシメ、タグ、ネームプレート、、、。 世界で一つだけのオンリーワン金具の作成事例、方法、手順、納期、型代、製作後の様々な型の利用方法については をご覧下さい。 *メタルハウスから、モノ作りトータルコーディネートのお知らせです。 🔨 They will be used for their original keychains or small gadgets. Original engraved brand logos on your original double rings can give some impacts on your brand images. You can send us your inquiry from Email 📩on our Instagram Profile page. 韓流スターさま用オリジナルロゴ入りの特注キーホルダーのオーダー JayChouさまのロゴを入れたオリジナル特注のキーホルダーをファンの方限定に2.000ヶ程作成いたしました。 全てはお見せで着ませんが、製作風景をご覧下さい。 これが完成品です。 頂いた図面を元に、手作りで原型を作成していきます。 この原型が非常に重要で、完成品のクオリティーを全て左右します。 ヤスリを使ったり、手作業で丸みを付けていったり、この作業が全ての命になります。 作成した原型を元に、量産の前に試作品を作成し、クオリティー、形状、メッキの具合全てを確認し、お客様にお見せいたします。 Jay Chouさまのロゴが見えますか? 試作の段階でほぼ100%に近い商品が完成していましたので、問題なく量産に移りました。 リング4つ+ナスカンを取り付ける作業もやはり当社の熟練した技術者によって取り付けられていきます。 簡単なようですが、キズをつけず、適切な道具を使用して取り付け作業を行います。 取り付ける道具も20年以上愛用している為に、歴史を感じます。 完成品とJay Chouさま。 自身をもって提供できる、最高の商品を作成することが出来ました。 その他のキーホルダーは:まで その他の靴べらキーホルダーは:まで メタルハウスではお客様のイメージを形にできるよう心がけています。 世界で一つだけのオリジナル金具は手軽に作成が可能です。 *お見積もりの場合には手書きのデザインでも、写真でも構いません。 お客様が作成したいイメージに簡単なサイズを入れてお見せください。 オリジナル金具作成を熟知した、メタルハウスの担当者が追って詳しい内容をお聞きいたします。 *オリジナル金具作成にご興味の方は、 お気軽にご連絡ください。 新作キーホルダーのサンプル作り メタルハウス新製品のキーホルダーの開発風景です。 (品番:Z-5632) まずは、真ちゅうの板や、棒から、大まかに荒削りをし、必要なパーツを取り揃えていきます。 30年以上使用しているフライス盤を使用し荒削りします。 キーホルダーとして使用されるために、感触の良い商品にする為に、パーツを取り揃えた後に、手作業で丸みを付けたり、角を取ります。 確認を繰り返し、最終的に理想的な形にしていきます。 本体の部分に使用するもう一つのパーツです。 こちらも手作業で少しずつ理想に近い丸みを作り出していきます。 何度も触ったり、握ってみたり、ベストの形にしていきます。 真ん中の溝の部分にはお客様の方で好みの革を貼り付け完成品になります。 右は本金メッキ、左はアンティーク薄めのメッキ加工です。 半完成品ですが、雰囲気は分かると思います。 その他のキーホルダーは:まで その他の靴べらキーホルダーは:まで メタルハウスではお客様のイメージを形にできるよう心がけています。 世界で一つだけのオリジナル金具は手軽に作成が可能です。 *お見積もりの場合には手書きのデザインでも、写真でも構いません。 お客様が作成したいイメージに簡単なサイズを入れてお見せください。 オリジナル金具作成を熟知した、メタルハウスの担当者が追って詳しい内容をお聞きいたします。 *オリジナル金具作成にご興味の方は、 お気軽にご連絡ください。 メタルハウスの職人による、オリジナルキーホルダー金具のサンプル作り レクサス等の革製品のお取り扱いのある、お客様より、オリジナルのキーホルダー金具のオーダーを頂いたので、少しですがお見せいたします。 まずは、左がオリジナル、右が当社でサンプル作りをした、商品です。 上部の部分からカギをいれ、外側のリングのパーツをクルクルと回す事で、取り付け、外しが可能になります。 まずは外側と、内側のパーツを手作業で切り抜いたり、貼り付けたりし、パーツを取り揃えていきます。 まだまだ、商品の形が見えてきませんねー。 だんだんと内側のパーツの形が見えてきましたね。 商品の外側をスムーズになる様に、手作業で紙ヤスリを使い整えていきます。 外側と、内側のパーツを合わせ、調子を見ていきます。 当社のサンプルの方は、周りにギザギザ模様があり、キーホルダーとして、外側を回し易いようにしてあります。 メタルハウスではお客様のイメージを形にできるよう心がけています。 世界で一つだけのオリジナル金具は手軽に作成が可能です。 *お見積もりの場合には手書きのデザインでも、写真でも構いません。 お客様が作成したいイメージに簡単なサイズを入れてお見せください。 オリジナル金具作成を熟知した、メタルハウスの担当者が追って詳しい内容をお聞きいたします。 *オリジナル金具作成にご興味の方は、 お気軽にご連絡ください。 オリジナルブランドロゴ刻印入り、クツベラキーホルダー金具のオーダー 今回は当社オリジナルのクツベラキーホルダー金具の一つにお客様のオリジナルの刻印を入れていきます。 たとえ小さな文字、ロゴだとしても、金属に刻印を打つには非常に大きな力と、正確な型設定の技術が必要とされます。 こちらはBEAUDESSINさまオリジナルのネームを刻印しました。 よく見ると、皆さんご存知のあの靴のブランドでは!? 刻印を入れた後に、メッキ加工を施し、クツベラの芯になる軽さと強度を保つためのアルミを接続していきます。 皆さんに分かり易いように、エメラルドブルーのクロコダイルの革を取り付けてみました。 メッキはマッドゴールド仕様です。 その他の靴べらキーホルダーは:まで その他のキーホルダーは:まで メタルハウスではお客様のイメージを形にできるよう心がけています。 世界で一つだけのオリジナル金具は手軽に作成が可能です。 *お見積もりの場合には 手書きのデザインでも、 写真でも構いません。 お客様が作成したいイメージに 簡単なサイズを入れてお見せください。 オリジナル金具作成を熟知した、メタルハウスの担当者が追って詳しい内容をお聞きいたします。 *オリジナル金具作成にご興味の方は 、 お気軽にご連絡ください。 メタルハウスオリジナルの、ダブルリングつきキーホルダー(Z-5628) 新作キーホルダー第2弾 ダブルリング式取り外し可能キーホルダー 正面にお客様のオリジナルロゴやネームを別途刻印することが可能です。 本体の突起をスライドする事で、付属のダブルリングが取り外し可能です。 その他のキーホルダーは:まで その他の靴べらキーホルダーは:まで メタルハウスではお客様のイメージを形にできるよう心がけています。 世界で一つだけのオリジナル金具は手軽に作成が可能です。 *お見積もりの場合には 手書きのデザインでも、 写真でも構いません。 お客様が作成したいイメージに 簡単なサイズを入れてお見せください。 オリジナル金具作成を熟知した、メタルハウスの担当者が追って詳しい内容をお聞きいたします。 *オリジナル金具作成にご興味の方は 、 お気軽にご連絡ください。 メタルハウスオリジナル、取り外し式キーホルダーZ-5627の紹介です。 今回はアンティーク調メッキ(BZ)です。 少しですが、組立作業をお見せしましょう。 最近非常に人気の高い、アンティーク薄めのメッキBZ。 個人的にもとても好きなメッキです。 全ての部品をバラでメッキをつけます。 こうする事で、BZ色を全体に、ムラなくメッキする事が可能です。 組み立ても、全て手作業になります。 手作業の組み立てと平行して、検品、調整を同時に行う事が可能になります。 当社オリジナルキーホルダー、 Z-5627のBZの完成です。 取り外し易いように、ダブルリングを合わせて納品いたします。 メタルハウスではお客様のイメージを形にできるよう心がけています。 世界で一つだけのオリジナル金具は手軽に作成が可能です。 *お見積もりの場合には手書きのデザインでも、写真でも構いません。 お客様が作成したいイメージに簡単なサイズを入れてお見せください。 オリジナル金具作成を熟知した、メタルハウスの担当者が追って詳しい内容をお聞きいたします。 *オリジナル金具作成にご興味の方は、 お気軽にご連絡ください。 メタルハウスオリジナルのダブルリングつきキーホルダー(Z-5628) 今回も北海道のお客意様より、当社オリジナルのダブルリング付きキーホルダーの依頼を受けました。 お話によると、革を取り付けて結婚式の引き出物に使用するとのことです。 お客様が革の取り付け作業がしやすいように、ネジを丁寧に一つ一つもんでいきます。 ネジを強くはめ込んでも、接着剤を取り付けなければ、簡単にバラバラになってしまう為に、組み立ての段階で金属用の強力な接着剤をネジ山に付けてから、組み立てを行います。 本体部分にも同じようにのり付けして、ネジを組み立てます。 下準備が終了したら、次は本格的な組み立て作業に移ります。 のりづけが終わり、完成いたしました。 その他のキーホルダーは:まで その他の靴べらキーホルダーは:まで メタルハウスではお客様のイメージを形にできるよう心がけています。 世界で一つだけのオリジナル金具は手軽に作成が可能です。 *お見積もりの場合には 手書きのデザインでも、 写真でも構いません。 お客様が作成したいイメージに 簡単なサイズを入れてお見せください。 オリジナル金具作成を熟知した、メタルハウスの担当者が追って詳しい内容をお聞きいたします。 *オリジナル金具作成にご興味の方は 、 お気軽にご連絡ください。 関西の交通社さま用、オーダーメイド・オリジナルナンバリング入り、特注金具 関西の交通社さまより、オリジナルの番号入り金具の注文を頂きました。 まずは、数量150ケ、両面にロゴと数字を入れたい(裏面の数字はそれぞれが別の数字)と言うお客様の要望をお聞きし、製造方法を考えていきます。 真鍮削りだし+手彫りの彫刻という製法に決定しました。 金具の表面にはロゴを一つ一つ彫刻しています。 裏面にはお客様指定の番号も彫刻してあります。 一枚の真鍮の板より、丁寧に削りだしていきます。 表面にはBLというロゴ 裏面には一つ一つ違った番号が彫刻されています。 今回はニッケルサテーナと言うアンティーク調の高級な鍍金仕上げです。 番号が全て違うために、型で大量に生産することが出来ない為、一つ一つ手作業で番号を彫刻してあります。 大量生産、大量消費の世の中では中々考えられない製法ですが、この技術がメタルハウスの誇り! メタルハウスではお客様のイメージを形にできるよう心がけています。 世界で一つだけのオリジナル金具は手軽に作成が可能です。 *お見積もりの場合には 手書きのデザインでも、 写真でも構いません。 お客様が作成したいイメージに 簡単なサイズを入れてお見せください。 オリジナル金具作成を熟知した、メタルハウスの担当者が追って詳しい内容をお聞きいたします。 *オリジナル金具作成にご興味の方は 、 お気軽にご連絡ください。 メタルハウスの持ち型、T-286 キーホルダーのオーダー 九州のお客様より当社のT-286キーホルダーを400ケ注文頂きました。 組み立ての一部をご紹介したいと思います。 まずは、すべてのパーツを取り揃えます。 メッキを付ける前にも沢山の工程を経ています 特殊な弾力性のあるノリを塗り、キーホルダーになる部分を一つ一つ手作業で置いていきます。 一つ一つ丁寧に! 二つ目を乗せます 全てのキーホルダーを置いたところに、相棒のパーツをはめ込んでいきます。 T-286の完成 縫製メーカーさまの方で、革を取り付けてもらえば、高級感がぐっとアップします。 この商品は、カギが円の側面をクルクルと周り、とても使いやすく、一つ一つのキーホルダーが取り外し可能なので、突然カギを貸して!なんて時も安心! その他のキーホルダーは:まで その他の靴べらキーホルダーは:まで メタルハウスではお客様のイメージを形にできるよう心がけています。 世界で一つだけのオリジナル金具は手軽に作成が可能です。 *お見積もりの場合には 手書きのデザインでも、 写真でも構いません。 お客様が作成したいイメージに 簡単なサイズを入れてお見せください。 オリジナル金具作成を熟知した、メタルハウスの担当者が追って詳しい内容をお聞きいたします。 *オリジナル金具作成にご興味の方は 、 お気軽にご連絡ください。

次の

ぬいぐるみをキーホルダーにする方法は?付け方のコツは?

キーホルダー金具

最初、糸の端は結び目をつけません。 (縫い終わりの時点で最初と最後の糸通しを結んで終了させるため。 今回は、セキセイインコのぬいぐるみの頭のてっぺんに金具を付けます。 では、具体的に付け方をお話しします。 1 ぬいぐるみの下側から針を刺して、ストラップなどを付けたい位置に通します。 写真のように、ぬいぐるみの端から端に針を通すため、できれば長い針を使う方がやりやすいです。 我が家には長い針がないので、ぬいぐるみを潰すような感じで押しながら針を通しました。 針を通したら、開始地点にある糸の端は10cm程度残しておきます。 2 頭の上で糸をストラップのパーツに通して、今度は逆に、下側の最初の位置に針を戻します。 3 1回だけだと糸が弱いため、あと1~2回糸を往復させて強度を高めましょう。 合計3回往復させると、下の写真のように縫い糸が結構しっかり付いていますよね。 (私は心配症なので、結構しっかり縫ってしまいます。 ) 4 開始地点に残っている糸と、最後の糸を結びましょう。 (糸が解けないよう、しっかり二重結びにして、最後に余った部分を切ります。 ) 糸を切る前に、しっかり結わいたことを確認してください。 (後で解けないように。 ) 5 バランスの最終チェックをします。 バランスが良いことを確認して、見えている糸の結び目を目打ちや針などを使って隠すようにします。 ちなみに、今回のぬいぐるみは足の部分で縫い目を隠すことができたので、結び目は敢えて隠す作業をしなくても済みました。 完成したキーホルダーはこちらです。 ぬいぐるみの付け方のコツは? ぬいぐるみをキーホルダーにするのは、あまり大変な作業ではないのですが、1つだけ注意した方が良いことがあります。 それは、 ぬいぐるみに直接付ける金具をCカンにしないということです。 Cカンは、下の写真の左側なのですが、 僅かな隙間がありますよね。 これが難点なのです。 金属同士を取り付けるのであれば、きちんとペンチで閉じる作業をしておけば問題ないのですが、ぬいつける際の糸は非常に細い縫い糸なので、何かのはずみでCカンの隙間から抜けてしまう可能性が高いのですよね。 ですから、ぬいぐるみに直接縫い付ける金具は、二重リングを使いましょう。 (上の写真の右下の金具です。 今回使った二重リングは直径5mmと非常に小さいサイズだったため、余計に大変で開くことが出来ませんでした。 そのため、Cカンの隙間を開いて二重リングをはめたのですが、Cカンも頑丈だったので、ちょっと力ずくの作業になってしまい、ペンチで触ったCカンの箇所がガタガタになってしまいました。 (上の写真をよく見れば、ガタガタ状態が確認できるはずです。 ) また、ネット通販で購入する場合、1個単位での販売がなかなか無いので、二重カン付きのキーホルダーを探すのもおすすめです。 二重カン付きでお手頃価格だと、以下のようなストラップ金具があります。

次の