お参り 仕方。 神社でのお参りの仕方!敬う気持ちをもって正しくお参りを!

お墓参りの仕方、準備・作法・マナーについて解説 [お墓・墓石・霊園の選び方] All About

お参り 仕方

お参り・参拝の仕方って? 1. 手水舎で身を清めましょう 神社に行くと、境内に入ってすぐの所に、手水舎 てみずや と呼ばれる手を洗う場所があります。 手水舎は参拝のために身を清める場所です。 身を清める順番は次の通りです。 右手で柄杓 ひしゃく をもち、に水をとります• 左手を洗って清めます• 柄杓を左手に持ち替え、右手を洗って清めます• 柄杓を右手に持ち替え、左手で水を受けて口をすすぎます• 最後に柄杓を縦にして柄 え に水を流し清めます 2. 参道を進みましょう 手水舎で身を清め終わったら、参道を本殿 ほんでん に向かって進みます。 参道の中央を歩くことは、神さまに正面から対面して歩くことになり、神様の通り道の邪魔をしていると考えられます。 中央を歩くのは避けて、少し脇を歩きましょう。 神楽殿や舞殿はお参りしなくても大丈夫 神社の中には、本殿の前面に神楽殿 かぐらでん や舞殿 まいどの などと呼ばれる建物がある神社があります。 神楽殿や舞殿、は基本的に神楽などの芸能が神様に奉納される場所です。 神様が祭られている場所ではないため、通常はお参りする必要はありません。 拝殿の前でお参りしましょう ほとんどの神社では、神様が祀られている本殿の前に拝殿があります。 普通のお参りの際には、拝殿の前でお参りをします。 お参りの方法は• 拝殿前の、少し後ろに立って軽く頭を下げます• 拝殿の前に進みます• 鈴が吊るされていれば、鈴を鳴らします• お賽銭 さいせん を入れます• 頭を二度下げて、二拝 はい します• 手を二度打って、二拍手 はくしゅ します• 手を合わせたまま、神様に感謝を伝え、祈願します• 頭を一度下げます• 拝殿前の、少し後ろに下がって軽く頭を下げます という作法で参拝しましょう。 これは、深々と二回頭を下げた後、二回柏手 かしわで を打ち、最後に一度深々と頭を下げるという形で、もっとも一般的な作法です。 神社・神宮によって違う参拝方法 ただし、神社や神宮によっては参拝の方法が違うところもあります。 伊勢の神宮では八度続けて深々と頭を下げた後に八度続けて柏手を打つ「八度拝・八開手 やひらで 」という作法があります。 出雲大社では頭を二度下げた後に、四度柏手を打ってお参りします。 このように神社によって独自の伝統的な参拝作法を残しているところがありますので、拝殿付近に書かれている参拝の仕方を守るようにしましょう。 玉串の捧げ方 拝殿内での参拝の仕方・やり方 交通安全や安産祈願・病気平癒祈願などのご祈祷をしてもらう場合や、「正式参拝」と呼ばれる厳粛な参拝を行う場合には、拝殿内に上がって参拝することになります。 拝殿内で参拝する場合は、神職の指示に従って拝礼することになります。 その中でのとくに、玉串拝礼という作法を行うことが多くあります。 玉串拝礼とは? 玉串拝礼とは、「玉串」と呼ばれる紙垂 しで を付けた榊 さかき の枝を神さまに捧げて拝礼するものです。 自分の魂を神さまに委ねて、そのご加護を請うという意味があります。 玉串拝礼の作法は、以下の通りです。 まず右手で上から榊の根元を持ち、左手で下から榊の葉を支え持ちます• 神前の案 あん 台 に進みます• 榊を右回りに回して根元を神前に向けます• 榊を両手で案の上に置きます• 二拝二拍手一拝の作法で拝礼します 神社によって違いがある場合があります。 神職の指示があった場合は、指示に従ってお参りしましょう。 大切なことは、心を落ち着けて、自分一人の利益ばかり求めないようにしてお参りすることです。 参拝の方法のほかに神社について知りたい人は ここまでは、神社への正式な参拝の作法について説明してきました。 続いては、神社で祀られるお神楽と雅楽の違いについて説明している「」をご覧ください。 もっといろいろ知りたい方は、下記リンクから神社についての知りたいページをご覧ください。

次の

お墓参りの仕方、準備・作法・マナーについて解説 [お墓・墓石・霊園の選び方] All About

お参り 仕方

スポンサーリンク 神社のお参り作法や参拝の仕方 神社へ参拝するとき、他の方のお参りの仕方などと違っていると「これであっているのかな?」 「間違ってなかったかな?」なんて思うことがありませんか? 神社によっては、参拝の作法が書かれている場合があり、書かれていればその通りすればいいので安心です。 しかし、そういった事が書かれているとしても拝殿近くが多いですよね。 これが正しい神社参拝方法の作法です! といった決まりはなく、神社によっても違いがある場合もありますので、一般的なお参りの作法の「形」を紹介します。 1:鳥居をくぐる 神社の鳥居をくぐる時は、直前で軽く一礼します。 これは、神域への入り口である鳥居は結界でもありますので、神聖な場所へ今より「お邪魔します」という気持ちを込めて通ります。 2:参道を歩く 鳥居をくぐれば、そこは参道です。 中央は神様が通る道と言われていますので必ず端をゆっくりと歩きましょう。 3:手水舎(ちょうずや・てみずや)で手や口を清めることで魂も清めます。 ・右手で柄杓を持ち、水道や竜の口など流水が出ている場合はそこから柄杓に水を溜めます。 清浄な水が出ていない場合や、水盤(水が溜まっているところ)しかない神社の場合は、水盤から水を掬うため口をすすぐ工程は省いても構いません。 4:拝殿前の拝礼作法 お辞儀をし、賽銭箱にお賽銭を入れます。 鈴緒があれば鈴緒を鳴らし、二拝二拍手一拝をします。 5:帰る時も2と1に気を付けます。 「お邪魔しました、ありがとうございました」という気持ちを込めて。 神社のお参りでの二礼二拍手一礼の仕方について 拝殿前の拝礼作法についての礼と拍手についてですが、 一般的な神社では二拝二拍手一拝が基本となります。 拝(はい)とは礼(れい)のことで、頭を二回下げるお辞儀をして二回柏手を打ち最後にお辞儀をする。 二礼二拍手一礼と同じことですが、礼より拝のほうが丁寧な拝礼ということになります。 拝と礼の違いは? 神社祭式特有のお辞儀の角度の専門用語があり、礼の中に「拝(はい)」と「揖(ゆう)」があります。 「拝(はい)」は、腰を90度の角度に折り曲げる、お辞儀のなかでは最も丁寧な深いお辞儀になります。 「揖(ゆう)」は、拝に次いで丁寧なお辞儀で2種類のお辞儀の形があります。 深揖(しんゆう)という腰を約45度の角度で曲げるものと、小揖(しょうゆう)という腰を約15度の角度に曲げるものです。 その「拝(はい)」と「揖(ゆう)」の総称が「礼(れい)」になるのです。 さきほどの『 4:拝殿前の拝礼作法』の二拝二拍手一拝を詳しく説明します。 1:拝殿前に行き姿勢を正し、深く一礼(深揖)します。 2:賽銭箱の前へ行き、賽銭箱にそっとお賽銭を入れる。 3:鈴緒を左右に動かして鳴らす。 (なければ省略) 二拝 4:90度に腰を曲げながら深く頭を下げる拝礼を二回する。 二拍手 5:両手を胸の高さで合わせ右手を左手より少し下にずらして二拍手の準備をします。 6:肩幅まで両手を開き柏手(かしわで)を二回音を立てて打ちます。 7:柏手を打った後は指先をきちんと揃えて祈祷します。 一拝 8:手を下ろし、再び90度に腰を曲げ深く頭を下げます。 9:最後に深く一礼(深揖)して拝殿前から下がります。 スポンサーリンク 神社のお参りでのお願いの仕方とタイミング 神社の拝殿前にて、日々の感謝や、お願い事をする仕方とそのタイミングですが、二拝二拍手が終わり一拝の前です。 その感謝やお願い事をする場合、声に出さなくても心の中で 自分の住所や名前、日頃の感謝を伝えたのちにお願い事を伝えます。 拝殿前ではもちろん、帽子などかぶって行った場合は脱帽します。 バッグなどを肩や手にかけている場合も足元に下ろしてからお参りをするようにしましょう。 こうするべき! というのも神職ではありませんので、堅苦しく考えず、一般的な作法をマナーとして覚えておきましょう。 人と自然の共生と信仰の歴史を伝える神社仏閣は、古くより人々の心を癒やしてきました。 その神社にも得意な分野があり、さまざまな御利益を授けてくれます。 その神社が得意とする分野のお願い事をすると、あなたの願い事は叶えやすくなるかもしれません。 神社といえば御神籤ですが、おみくじを引いた場合の縁起の順番や結び方はこちら まとめ 神社の拝殿や本殿は国宝になっているところも多くあります。 参拝する神社の歴史や見どころ、伝承や御利益などを下調べして行きましょう。 そうすることで、より一層、開運招福につながり、心身を癒やす場所となるといいですね。

次の

お宮参りの仕方や作法がわかる》いつ・服装・着物・神社・お宮参りとは・初宮参り

お参り 仕方

鐘は参拝前の合図ともされるので鐘が自由に撞けるところでは お参りの前に1度だけ撞くとよいでしょう。 もし撞き忘れたとしても帰る際は撞かないとされます。 理由としては「出る鐘」が「出金」ともとれるので撞かない、さらに死者を送る鐘を「でがね」と呼ぶからともいわれています。 鐘はただ大きい音を出せばよいというものではなく、その音色を仏様に届けるものです。 むやみに撞木 しもく を鐘に大きく撞つくのではなく、無理のない範囲で鐘を撞き、音色を奏で、撞き終わると撞木が鐘に何度も当らない様に紐を落ち着けます。 四、本堂(金堂)へ お参り本堂へ向かい献灯、献香をし、納札を納め、鐘を打ち、お賽銭を納め、礼拝し、お経 読経、写経等で を奉納します。 写経は霊場 札所 または菩提寺に指導をうけるのが好ましいでしょう。 納礼はお堂の納礼箱に、写経は写経箱に納めます。 写経灯明料は、お賽銭とともに各お堂の賽銭箱に納めましょう。 五、大師堂へお参り 本堂と同じ手順で献灯、献香をし、納札を納め、鐘を打ち、お賽銭を納め、礼拝し、お経 読経、写経等で を奉納します。 大師堂での勤行はお大師さまがご本尊となりますので、勤行次第から「ご本尊真言」を省きます。 本堂と大師のお参りが終わって時間に余裕があり、他のお堂があれば随意にお参りします。 六、納経所にて 参拝が終われば、納経所でお納経 ご朱印 をいただきます。 また、その際に各寺院のご本尊が描かれた御影 おみえ もいただき、保存帳などにしまいます。 原則として 諸堂の読経後に納経所でお 納経 ご朱印 をいただきます。 ただし、納経時間が終了直前の場合は、順序が逆になりますが、霊場 札所 にその理由を告げ、読経前にお納経を受けることができます。 七 、山門 仁王門 にて 山門 仁王門 で合掌、一礼して境内を出ます。 お参りしたことで仏さまとご縁が結ばれた 結縁 ことを感謝する思いで行いましょう。 団体の場合は、お堂の正面を空け、左右のどちらかにまとまりましょう。 またお線香に火をつけた際の、マッチの燃え残りなどは香呂に入れないようにしましょう。 香炉は仏さまやお大師さまにお線香をお供えする場所です。 お線香をあらかじめ数本ずつセロハンテープなどの樹脂性のテープでまとめるのは控えましょう。 まとめた所で火が消えてお線香が必ず燃え残り、後からお参りする方の妨げになります。 それらはお参りされた方が仏さまやお大師さまにお供えしているものです。 道中で縁あっていただいたものや、納経所などで お尋ねになり、お渡しできるものがあればいただけます。

次の